仮想通貨の「アルトコイン」と「ビットコイン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アルトコイン」と「ビットコイン」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、仮想通貨の「アルトコイン」「ビットコイン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「アルトコイン」とは?

「アルトコイン」とは?

「アルトコイン」とは、数ある仮想通貨の中で、「ビットコイン」以外のものの総称として使われている言葉です。

この「アルト」は、別の存在や代替といった意味になる“alter”からきており、そちらの発音は「オルター」となる為、英語圏では“altcoin”と記述し、「オルトコイン」と呼んでいることもあります(発音が異なるだけで、同じものを指しています)。

何故、ビットコイン以外はこの「アルトコイン」とまとめられてしまうのかと言えば、それだけ「仮想通貨=ビットコイン」と世間で定着しているからに他なりません。

よって、「アルトコイン」という通貨が存在する訳ではないので、その点に注意してください

「ビットコイン」とは?

「ビットコイン」とは?

「ビットコイン」とは、言わずと知れた、最も有名な仮想通貨です。

時価総額(発行数×市場価格)も一番の存在で、あまり詳しくない人の中には、仮想通貨と言えば、これのことを指すと思っている人も多いでしょう。

仮想通貨としては、DAppsによって生成されるトークン(これが「仮想通貨」です)になり、オープンソースのアプリケーションが利用されていることから、誰でもマイニング(発掘)が可能となっているという特徴があります。

それだけ知名度的にも抜けた存在なので、これ以外をまとめて先の「アルトコイン」などと呼んでいるということです。

「アルトコイン」と「ビットコイン」の違い

「アルトコイン」と「ビットコイン」の違い

「アルトコイン」「ビットコイン」の違いを、分かりやすく解説します。

「アルトコイン」は、「ビットコイン」以外の仮想通貨の総称です。

よって、比較的それ以外で有名な「イーサリアム」「リップル」も、その括りにまとめられることになります。

仮想通貨として別の存在とも解釈できる「アルトコイン」などという言葉ができたこと自体、それだけ「ビットコイン」がその中で突出しているということが分かるでしょう。

まとめ

まとめ

「アルトコイン」「ビットコイン」は、このような関係になります。

「アルトコイン」という名前の仮想通貨がある訳ではありません。