「創業」と「操業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「創業」と「操業」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「創業」「操業」の違いを分かりやすく説明していきます。

「創業」とは?

「創業」とは?

「創業」とは、事業を始めることを言います。

また事業の基礎を築き始めるという意味でもあります。

「創業」の反対語は「廃業」となります。

「廃業」とはそれまでしていた仕事、商売をやめるという意味になります。

「創業」「廃業」は併せて覚えておくといいでしょう。

「今年で創業50周年になります」「昭和に創業した店で、沢山のファンがいる」などと、使います。

「操業」とは?

「操業」とは?

「操業」とは、機械を動かして、作業をするという意味になります。

「操業短縮」という言葉がありますが、これは、労働時間を短くしたり、機械の一部を休ませるなどして、生産を制限するという意味です。

「今月からは一日6時間、操業することになった」「操業短縮がこれ以上続くと、給料が減るし困る」などと、使います。

「創業」と「操業」の違い!

「創業」と「操業」の違い!

「創業」「操業」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉はどちらも「そうぎょう」と読み方が同じですが、それぞれの言葉の意味が違いますので、混同しないように気をつけて使うようにしましょう。

「創業」とは、事業を始めることという意味になります。

つまり会社が設立される、お店が開店するといった意味なのです。

長く仕事、商売が続くことは素晴らしいことですので「創業100周年」などとお祝いをしますし、伝統があると人から認識されるのです。

一方の「操業」ですが、こちらは、機械を動かして作業をするという意味になります。

「操業度」という言葉がありますが、これは「稼働率」と同義語で、生産設備の総量に対しての、実際に機械を動かしている生産設備の比率のことを言います。

まとめますと「創業とは事業を始めること」「操業とは機械を動かし作業すること」となります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「創業」「操業」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

この二つの言葉は同じ読み方ですが、意味はまったく違います。

漢字で書く時は間違えないように気をつけてください。