スポンサーリンク

「有言実行」と「不言実行」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「有言実行」と「不言実行」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「有言実行」「不言実行」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「有言実行」とは?

「有言実行」とは?

「有言実行」の意味と使い方について紹介します。

「有言実行」の意味

「有言実行」「ゆうげんじっこう」と読みます。

意味は、「一度口にしたことは、行動に移して成し遂げること」です。

「有言実行」の使い方

「有言実行」は、「これをやります」「こうするつもりです」と言ったら、必ずその通りに行動することを言います。

チームとして行動する場合、自分が何をやるか、やっているかをきちんと報告・連絡をした方が、周囲の人達もやり易くなります。

目標などはきちんと掲げることで、その人が何を目指しているかが分かり、下の人が付いて行くのが楽だと思うでしょう。

リーダーシップを取る人に向いているほめ言葉として使われます。

但し、ものごとが失敗した時には「口先だけの人」と言われてしまう可能性もあります。

「不言実行」とは?

「不言実行」とは?

「不言実行」の意味と使い方について紹介します。

「不言実行」の意味

「不言実行」「ふげんじっこう」と読みます。

意味は「文句や屁理屈を言わずに、黙ってするべきことをすること」です。

「不言実行」の使い方

「不言実行」は、やるべきことがある時には、文句や理屈などを言わずに、黙って行動をすることを言います。

本来は、何も言わずに勝手に行動するのではなく、「文句や理屈を言わない」という良い意味の言葉です。

部課を持つ場合には、「不言実行」タイプの方が扱い易いでしょう。

但し、文句を言わないのは良いことですが、途中で連絡や報告をしないと、コミュニケーション能力が無い人と言われてしまう可能性もあります。

「有言実行」と「不言実行」の違い!

「有言実行」と「不言実行」の違い!

「有言実行」「一度口にしたことは、行動に移して成し遂げること」です。

「不言実行」「文句や屁理屈を言わずに、黙ってするべきことをすること」です。

まとめ

まとめ

今回は「有言実行」「不言実行」の違いをお伝えしました。

「有言実行は宣言してやる」「不言実行は文句を言わずにやる」と覚えておきましょう。