「これから」と「今から」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「これから」と「今から」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「これから」「今から」は同じ様な意味に聞こえますが、使い分けはあるのでしょうか。

それぞれに意味と使い方、違いについて紹介します。

「これから」とは?

「これから」の意味と使い方について紹介します。

意味

「これから」は、「今、あるは今より後のこと」という意味です。

「すぐに」のこともあれば「もう少し先の未来」を表すこともあります。

使い方

「これから」「これ」は、話し手の感覚により度合いが変わって来ます。

将来的な見通しや予定なども含めて、話し手の時間の感覚によりどの時点を表すかが変わって来るのです。

「これからどうする」という言葉は、現在移動中であれば「すぐに」という意味で、相手と距離がある時には「将来的に」という意味で使われます。

「今から」とは?

「今から」の意味と使い方について紹介します。

意味

「今から」とは、「現時点から」という意味です。

今現在自分がいる時点から既にそのものごとの範囲内にないっていることを表します。

使い方

「今から」は、話し手、聞き手どちらから見ても「現在」という時点から起きることを表します。

何かがすぐに起きる状態や、既に今が時間の経過に含まれている時に使います。

「今から行く」は、既に準備を整えて出発できる状態であることを表しているのです。

「これから」と「今から」の違い!

「これから」「今現在、もしくは今から少し先の未来を起点としていること」です。

「今から」「今現在を起点していること」です。

この2つは時間の幅という点が違います。

まとめ

「これから」「今から」は、時間の表す幅が違う言葉です。

比較的余裕がある時と、緊急性がある時で使い分けましょう。