「スピンアウト」と「スピンオフ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スピンアウト」と「スピンオフ」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「スピンアウト」「スピンオフ」という言葉があります。

一体どの様な意味で、どこが違うのか紹介します。

「スピンアウト」とは?

「スピンアウト」の意味について紹介します。

ビジネスでの「スピンアウト」

ビジネスにおいて「スピンアウト」とは、「会社の一部を切り離して、全く別の会社を設立すること」という意味です。

新しく設立された会社は、完全に独立していて、元の会社とのつながりはありません。

創作における「スピンアウト」

創作において「スピンアウト」とは、「第三者による非公式な二次創作のこと」として使われることもあります。

但し、これはあくまで「スピンオフ」の対語として作られた言葉で使われる頻度は少なく、「サイドストーリー」と言う方が多くなります。

「スピンオフ」とは?

「スピンオフ」の意味について紹介します。

ビジネスでの「スピンオフ」

ビジネスにおいて「スピンオフ」とは、「会社の一部を切り離して子会社を作ること」という意味です。

親会社が出資したりサポートしたりしているので、関連会社としてつながっています。

創作における「スピンオフ」

創作において「スピンオフ」とは、「元の作品が好評だったので、配役をそのまま生かして派生させた作品」のことを言います。

元の作品の続編として、登場キャラクターはそのままですが、別のキュラクターを主人公にして、別のストーリーを作ることを「スピンオフ作品」と言うのです。

「スピンアウト」と「スピンオフ」の違い!

「スピンアウト」は、「元となるものとの関連性が全くないもの」です。

「スピンオフ」は、「元となるものとの関連性があるもの」です。

2つの違いは、関係が「アウト」「オフ」かという点です。

まとめ

「スピンアウト」「スピンオフ」は、関連性があるかないかの違いがあります。

日常では創作に対して使われることがほとんどです。