「チャイルドシート」と「ジュニアシート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チャイルドシート」と「ジュニアシート」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「チャイルドシート」「ジュニアシート」は似たようなイメージが思い浮かぶ混同しやすいものですが、「チャイルドシート」「ジュニアシート」の違いを正しく理解できていますか?

この記事では、「チャイルドシート」「ジュニアシート」の意味の違いを分かりやすく解説していきます。

「チャイルドシート」とは?

「チャイルドシート」とは、「9ヶ月~4歳頃の幼児を対象にした前向きに取り付ける幼児用補助装置」です。

また「チャイルドシート」は、「ベビーシート・ジュニアシートを含む幼児用補助装置全般」を意味する一般名称としても使われます。

「チャイルドシート」は、乳幼児を5点式ハーネスで固定する形で、約9~18キロの幼児が使用できます。

「ジュニアシート」とは?

「ジュニアシート」とは、「約3~7歳頃の学童(児童)を対象にした前向きに取り付ける幼児用補助装置」です。

「ジュニアシート」は車のシートベルトを使用する形で約15~25キロの児童が使用でき、「座面のみ・座面+背もたれ」のタイプがあります。

「ジュニアシート」には、より年齢が高い「5~12歳の児童」が使えるタイプも用意されています。

「チャイルドシート」と「ジュニアシート」の違い!

「チャイルドシート」「ジュニアシート」の違いを説明します。

「チャイルドシート」は、「約9ヶ月~4歳頃の幼児を対象にした前向きに取り付ける幼児用補助装置」です。

多くは専用の5点式ハーネスで固定する方法で、約9~18キロの幼児が使用できます。

それに対して、「ジュニアシート」「約3~7歳頃の学童(児童)を対象にした前向きに取り付ける児童用補助装置」です。

車のシートベルトを使用する形で、「座面のみ・座面+背もたれ」のタイプを選べます。

「ジュニアシート」は、約3~7歳で約15~25キロの児童が使用できるという「チャイルドシート」との違いがあります。

また「ジュニアシート」には、「5~12歳の児童」を対象にしたものもあります。

まとめ

「チャイルドシート」「ジュニアシート」の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「チャイルドシート」は、「9ヶ月~4歳頃の幼児を対象にした前向きに取り付ける幼児用補助装置・5点式ハーネスで固定する形で、約9~18キロの幼児が使用できるもの」を意味しています。

それに対して、「ジュニアシート」「約3~7歳頃の学童(児童)を対象にした前向きに取り付ける児童用補助装置・車のシートベルトを使用する形で、約15~25キロの児童が使用できるもの」を意味しているという違いがあります。

「チャイルドシート」「ジュニアシート」の違いを詳しく知りたい時は、この記事の内容を確認してみてください。