「奢侈品」と「必需品」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「奢侈品」と「必需品」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「奢侈品」「必需品」の違いを分かりやすく説明していきます。

「奢侈品」とは?

「奢侈品(しゃしひん)」とは、「絶対に必要なものではない贅沢(ぜいたく)なもの・それがなくても生活には困らないもの・必需品以外のもの」のことを意味しています。

「奢侈品」という言葉は、「生活に最低限必要なものではなく、経済的な豊かさを示したり趣味・娯楽で楽しんだりするための贅沢品」のことを示しているのです。

例えば、「奢侈品の購入を控えればかなりのお金を貯金できるでしょう」といった文章で使われます。

「必需品」とは?

「必需品(ひつじゅひん)」とは、「絶対に必要なもの・それがなければ生活に困るもの」「贅沢品・趣味の品物ではない生活(ある活動)に必要なもの」のことを意味しています。

「必需品」という表現は、「生活に最低限必要なもの」「あるイベント・活動においてそれがなければ困るもの(例えば、登山における防寒着・携帯食など)」を示しているのです。

例えば、「生活必需品以外のものは、余裕がある時に買えば良いのです」などの例文で使用できます。

「奢侈品」と「必需品」の違い!

「奢侈品」「必需品」の違いを、分かりやすく解説します。

「奢侈品」とは「必需品ではないもの・絶対に必要ではないもの・なくても生活には困らないもの」のことを意味していて、「必需品」の対義語になっています。

そのため、「必需品」というのは「奢侈品」とは違って、「生活や特定の活動に絶対に必要なもの・それがないと生活に困るもの」のことを意味しているのです。

まとめ

「奢侈品」「必需品」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「奢侈品」とは「生活・ある活動に絶対に必要ではないもの、必需品以外のもの」を意味していて、「必需品」「生活・ある活動に絶対に必要なもの、それがないと困るもの」を意味している違いがあります。

「奢侈品」「必需品」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。