仮想通貨の「ウェブウォレット」と「デスクトップウォレット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ウェブウォレット」と「デスクトップウォレット」の違い 金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、仮想通貨の「ウェブウォレット」「デスクトップウォレット」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ウェブウォレット」とは?

「ウェブウォレット」とは、ネット上に存在している仮想通貨の管理口座のことです。

仮想通貨は、この「ウォレット」という仕組みで管理され、そこに電子的に残高などが記録されています。

各取引所が用意しているウォレットもありますが、それは別に、個人での管理になります。

メリットとして、取引所のものを利用すると、そこが破綻してしまった時に一切パーになってしまいますが、その心配がないことが挙げられます。

「デスクトップウォレット」とは?

「デスクトップウォレット」とは、仮想通貨のウォレットをネット上ではなく、自分のPCのストレージ内に作成するものです。

これによって、インターネットに接続していない時には利用できなくなりますが、セキュリティの為に遭えてそうするといったこともできる為、「ウェブウォレット」よりその点では安心だと考えることができます。

ただし、PCが故障してしまったり、ストレージが破損してしまうと、保有していた仮想通貨が消えてしまう可能性があり、先の「ウェブウォレット」との比較では、一長一短だと言うことができます。

「ウェブウォレット」と「デスクトップウォレット」の違い

「ウェブウォレット」「デスクトップウォレット」の違いを、分かりやすく解説します。

これらは共に「ホットウォレット」と呼ばれる仕組みで、「デスクトップウォレット」は、ネットに接続されている自分のPC内に仮想通貨の情報を記録しておくタイプになります。

スマホ内に記録する場合には、「モバイルウォレット」というまた別の名称になり、これも「ホットウォレット」の1つです。

PCを利用する「デスクトップウォレット」とは区別され、作成方法も異なります。

まとめ

「ウェブウォレット」「デスクトップウォレット」は、このように違います。

仮想通貨は、このような色々な管理方法があると覚えておくといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物