「お手製」と「自家製」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お手製」と「自家製」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「お手製」「自家製」の違いを分かりやすく説明していきます。

「お手製」とは?

「お手製」の意味と使い方について紹介します。

「お手製」の意味

「お手製」「おてせい」と読みます。

意味は「人の手により作られたもののこと」です。

「お手製」の使い方

「お手製」は、人の手により作られたもののことを言います。

自分の手で作ったもののこともあれば、他の人が作ったもののことも表します。

具体的には「クッキー」「ケーキ」などのお菓子類は、「私のお手製」ということもあれば「母のお手製」と言うこともあります。

また、誰かが作ったものであれば、作られた場所や材料、方法などは問いません。

食べ物だけではなく、洋服や雑貨、アクセサリーなど幅広く使える言葉です。

「自家製」とは?

「自家製」の意味と使い方について紹介します。

「自家製」の意味

「自家製」「じかせい」と読みます。

意味は「自分の家で作ったもののこと」です。

「自家製」の使い方

「自家製」は、買ってきたものではなく、自分の家で作ったものという意味です。

カフェなどで「自家製ケーキ」というのは、業者から仕入れるのではなく、自分のお店で粉を振るうところから始めて作るケーキのことを言います。

「お手製」は手で作ったものですが、「自家製」の場合、その家や店舗などで作ることであり、機械を使うこともあります。

「自家製」は、主に食べ物に使われることが多く、その家で伝承されている味に仕上がるのが特徴です。

また、自分の家で作られていれば、自分以外の人が作ったものにも使われます。

「お手製」と「自家製」の違い!

「お手製」「人の手により作られたもののこと」です。

「自家製」「自分の家で作ったもののこと」です。

まとめ

今回は「お手製」「自家製」の違いをお伝えしました。

「お手製は場所を問わず手作り」「自家製は自分の家で作る」と覚えておきましょう。