「がんばれ」と「がんばって」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「がんばれ」と「がんばって」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「がんばれ」「がんばって」の違いを分かりやすく説明していきます。

「がんばれ」とは?

「がんばれ」の意味と使い方について紹介します。

「がんばれ」の意味

「がんばれ」は漢字で「頑張れ」と書きます。

意味は「人に対して『一生懸命打ち込みなさい』と命令する言葉」になります。

「がんばれ」の使い方

「がんばれ」は、あるものごとに対して一生懸命打ち込んでいる人に対して、「更にもっと一生懸命やりなさい」という命令の言葉になります。

「がんばれ」は動詞「がんばる」の命令形で、文字通り「がんばるべし」という命令の意味になります。

本人がその気があってもなくても、言う側の立場から「一生懸命やる様に」と命じる言葉です。

スポーツなどで「がんばれ」というのは、競技をする人のやる気を煽る為に使われているのです。

難病と闘っている人に対して使うべき言葉ではありません。

「がんばって」とは?

「がんばって」の意味と使い方について紹介します。

「がんばって」の意味

「がんばって」は、「人に対して『なお一層励んで下さい』とお願いする言葉」になります。

「がんばって」の使い方

「がんばって」は、あるものごとに打ち込んでいる人に対して「更に励んで下さい」というお願いの言葉になります。

「がんばって」は動詞「がんばる」の連用形「がんばり」に助詞の「て」が付き、「り」が促音化した言葉ですが、その後に「下さい」が省略されています。

つまり、「がんばって下さい」というお願いの言葉であり、相手に対して希望を述べているのです。

「がんばれ」と「がんばって」の違い!

「がんばれ」「相手に対して『もっと一生懸命やりなさい』という命令の言葉」です。

「がんばって」「相手に対して『更に励んで下さい』というお願いの言葉」です。

まとめ

今回は「がんばれ」「がんばって」の違いをお伝えしました。

「がんばれは命令」「がんばってはお願い」と覚えておきましょう。