「Game」と「Match」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Game」と「Match」の違い 英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「Game」「Match」の違いを分かりやすく説明していきます。

「Game」とは?

「Game」の意味と概要について紹介します。

「Game」の意味

「Game」「アメリカ英語として使われ、団体戦の試合のこと」です。

「Game」の概要

「Game」は、アメリカ発祥のスポーツに使われることが多くなります。

例えば、「football game」「アメフトの試合」「baseball game」「野球の試合」「basketballgame」「バスケットボールの試合」になります。

上記のスポーツは全て団体競技であるということも特徴の一つです。

因みに、「ラグビー」はイギリス発祥のスポーツですが、アメリカでは「rugby game」と言う人もいるのです。

また、スポーツの中でも1点を争う様なスポーツに対しても「ゲーム」が使われます。

前半・後半があっても、その1試合で終わる様な時の表現です。

「Match」とは?

「Match」の意味と概要について紹介します。

「Match」の意味

「Match」は、「イギリス英語として使われ、個人戦の試合のこと」です。

「Match」の概要

「Match」は、イギリス発祥のスポーツとして使われることが多くなります。

例えば「cricket match」「クリケットの試合」「football match」「サッカーの試合」「rugby match」「ラグビーの試合」になります。

因みに、イギリスでは「football」「サッカー」のことです。

また、個人競技の場合に「match」が使われることが多くなります。

「judo match」「柔道の試合」「table tennis match」「卓球の試合」「tennis match」「テニスの試合」と言います。

更に、1試合に複数のセットがあり、何セット取ったかで勝敗を競うものにも「match」が使われます。

「Game」と「Match」の違い!

「Game」「アメリカ英語、団体で行うスポーツの試合に使う」です。

「match」「イギリス発祥、個人で行うスポーツの試合に使う」です。

まとめ

今回は「Game」「Match」の違いをお伝えしました。

「Gameは団体戦」「Matchは個人戦」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物