「人手不足」と「人材不足」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人手不足」と「人材不足」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「人手不足」「人材不足」の違いを分かりやすく説明していきます。

「人手不足」とは?

「人手不足」の意味と使い方について紹介します。

「人手不足」の意味

「人手不足」「ひとでぶそく」と読みます。

意味は「企業が必要とする労働人数に対して、実際の労働者の数が不足している状態のこと」です。

「人手不足」の使い方

「人手不足」は、企業がこれだけの量の仕事をこなしてほしいと思っているのに対して、それを達成する為に必要な労働者の数が不足していることを言います。

やるべき仕事は山ほどあるのに、今いる人数ではとてもこなし切れずに、仕事が終らない状態です。

「猫の手も借りたい程」と言われることもあり、多くの企業ではアルバイトやパートなどで働き手を補っています。

ひとりひとりが特に優れた能力を持っている必要はなく、とにかく動いて作業をして欲しい人数が足りない時の表現です。

「人材不足」とは?

「人材不足」の意味と使い方について紹介します。

「人材不足」の意味

「人材不足」「じんざいぶそく」と読みます。

意味は「仕事のできる働き手が足りていないこと」です。

「人材不足」の使い方

「人材不足」は、職場に才能がある人や、役に立つ人物が不足している状態を言います。

人数的には足りているのですが、その仕事のレベルに見合った能力を持っている人がいない為に、良い結果が得られない状態の時に使われます。

誰でも良いから人が欲しいというのではなく、知識や経験、スキルを持った人が必要であることを表す言葉です。

「人手不足」と「人材不足」の違い!

「人手不足」「単純に労働する人数が少ない状態のこと」です。

「人材不足」「仕事のできる人が少ない状態のこと」です。

まとめ

今回は「人手不足」「人材不足」の違いをお伝えしました。

「人手不足は数の問題」「人材不足は能力の問題」と覚えておきましょう。