「占領」と「占拠」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「占領」と「占拠」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「占領」「占拠」の違いを分かりやすく説明していきます。

「占領」とは?

「占領」の意味と使い方について紹介します。

「占領」の意味

「占領」「せんりょう」と言います。

意味は「ある場所に勝手に入り込み、自分のものにすること」「他国の領土を武力行為により、自国で支配すること」です。

「占領」の使い方

「占領」は、ある広い範囲の土地に勝手に入り込み、自分のものにすることを言います。

基本的に武力行為を用いて、元々住んでいた人達を追い出したり、奴隷として支配したり、酷い時には命を奪ったりします。

その場所には「占領した側」の軍隊や住民を移住させて、完全に自分達の領土であると他の国々に広く知らしめる様にするのです。

「占領」は昔の話ではなく現在でも国際問題として取り上げられていて、国境があいまいである為に、2つの国で占有権を争うこともあります。

「占拠」とは?

「占拠」の意味と使い方について紹介します。

「占拠」の意味

「占拠」「せんきょ」と読みます。

意味は「ある場所に不法に入って来て居座り、他人を寄せ付けず、自分のものにすること」「占領すること」です。

「占拠」の使い方

「占拠」は、ある場所に武力を行使して勝手に入り込み、その土地や建物、住んでいる人達を含めて支配することを言います。

何らかの目的があってその場所に居座る時に使われ、その建物に入り込み、目的を達成するまで中にいる人達 を人質に取ることもあります。

日常的には、大勢のグループで公園の遊具場に集まり、グループ以外の人達が立ち入れない状態にすることなどに使われます。

「占領」と「占拠」の違い!

「占領」「他国の領地を自分の領地にすること」です。

「占拠」「目的があってある場所に居座ること」です。

まとめ

今回は「占領」「占拠」の違いをお伝えしました。

「占領は勝手に支配する」「占拠は勝手に居座る」と覚えておきましょう。