「有形商材」と「無形商材」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「有形商材」と「無形商材」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「有形商材」「無形商材」の違いを分かりやすく説明していきます。

「有形商材」とは?

「有形商材」の意味と概要について紹介します。

「有形商材」の意味

「有形商材」「ゆうけいしょうざい」と読みます。

意味は「直接見たり、触れたりすることのできる商品のこと」です。

「有形商材」の概要

「有形商材」は、実際に形があり、目で見たり手で触れたりできる商品のことを言います。

メーカーの工場で生産されて市場に出回ったり、指定された場所で製造されて展示されるものなどを言います。

具体的には「家や車、生活雑貨や衣料品、医薬品、精密機器」など、目で見て形が分る商品全てのことです。

「有形商材」は、顧客が実際に目で見たり手で触れたりできるので、イメージが湧き易く、セールスにとってもアピールし易いというメリットがあります。

「無形商材」とは?

「無形商材」の意味と概要について紹介します。

「無形商材」の意味

「無形商材」「むけいしょうざい」と読みます。

意味は「目に見えない情報やサービスなどの商品のこと」です。

「無形商材」の概要

「無形商材」は、形のないもの、目に見えないものが商品であることを言います。

情報や施設利用、サポートなど、サービス業に使われます。

具体的には、コンサルタント、人材紹介、広告代理店、社員研修、情報紹介、生命保険など、形のないサービス商品のことです。

「無形商材」は、実際に目で見られない為に、パンフレットや資料をしっかりと作成しておかないと、顧客が比較・検討しにくくなります。

「有形商材」と「無形商材」の違い!

「有形商材」「実際に形があり、目で見たり直接手で触れたりできる商品のこと」です。

「無形商材」「形がなく、サービス主体の商品のこと」です。

まとめ

今回は「有形商材」「無形商材」の違いをお伝えしました。

「有形商材は形がある商品」「無形商材はサービス系の商品」と覚えておきましょう。