「有用」と「有効」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「有用」と「有効」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「有用」「有効」の違いを分かりやすく説明していきます。

「有用」とは?

「有用」の意味と使い方について紹介します。

「有用」の意味

「有用」「ゆうよう」と読みます。

意味は「役に立つこと」「使い道が多いこと」です。

「有用」の使い方

「有用」は、「役に立つこと」という意味では「有効」と同じですが、違う点として「使い道が多い」「必要とされている」という意味があります。

人や物に対して使われる言葉で、その人や物があると使い勝手が良かったり、実際に働いてくれる時に使われます。

具体的には「有用な人材」という言葉は、能力がある、アイデアが豊富などで、「必要とされる機会の多い人」のことを言います。

様々な役に立つ用途があり、人に必要とされる時に使われる表現です。

「有効」とは?

「有効」の意味と使い方について紹介します。

「有効」の意味

「有効」「ゆうこう」と読みます。

意味は「役に立つこと」「すぐれた力や効き目のある様子」「柔道で技ありに近い判定のこと」です。

「有効」の使い方

「有効」は、「役に立つこと」ですが、「効き目がある」「能力がある」という意味で使われます。

人よりも物やサービスに対して使われる言葉で、それを持っている、或いは利用していることにより、何らかの効力が発揮でて役に立つことに使われます。

具体的にはクレジットカードやポイントなどの「有効期限」があります。

そのカードやポイントを持っている時に、効力が発揮できる期間が決まっていることになります。

「有用」と「有効」の違い!

「有用」は、「人や物に使われ、使い道があり役に立つこと」です。

「有効」は、「物やサービスに使われ、効力を発揮して役に立つこと」です。

まとめ

今回は「有用」「有効」の違いをお伝えしました。

「有用は使い道が多くて役立つ」「有効は効力を発揮して役立つ」と覚えておきましょう。