「夕刊」と「朝刊」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「夕刊」と「朝刊」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「夕刊」「朝刊」の違いを分かりやすく説明していきます。

「夕刊」とは?

「夕刊」の意味と概要について紹介します。

「夕刊」の意味

「夕刊」は、「ゆうかん」と読みます。

意味は「夕方5時頃に発行される新聞のこと」です。

「夕刊」の概要

「夕刊」は、夕方に配達される新聞のことを言います。

現在ではインターネットでリアルタイムに情報を得られますが、昔はニュースなどの時事情報を得る為には、テレビやラジオ、新聞を利用するしかありませんでした。

「夕刊」は、「朝刊」に記載された記事の補足をしたり、当日の早い時間に発生した出来事などを掲載する役割があり、紙面は少なめで、チラシなども挟まっていません。

「朝刊」とは?

「朝刊」の意味と概要について紹介します。

「朝刊」の意味

「朝刊」「ちょうかん」と読みます。

意味は「早朝5時頃に発行される新聞のこと」です。

「朝刊」の概要

「朝刊」は、早朝5時頃に家庭に配達されたり、駅の売店やコンビニで売られる新聞のことを言います。

記事の締め切りが前日の夕方頃ですので、夜中に起きた事件などは反映されていないか、差し替え、号外などで補足します。

「朝刊」は、現在日本で起きている事件や政治・経済の動向などを記事にしている他、あらゆる情報を掲載しています。

テレビ欄や広告欄、社説なども充実していて、小説やお役だち記事などもあることから、紙面数も多くなっています。

また、スーパーや人材募集のチラシも折り込まれていて、豊富な情報を得られる様になっています。

「夕刊」と「朝刊」の違い!

「夕刊」「夕方に発行される新聞のこと」です。

「朝刊」「早朝に発行される新聞のこと」です。

まとめ

今回は「夕刊」「朝刊」の違いをお伝えしました。

「夕刊は夕方の新聞」「朝刊は朝の新聞」と覚えておきましょう。