「ロマンス詐欺」と「結婚詐欺」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ロマンス詐欺」と「結婚詐欺」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ロマンス詐欺」「結婚詐欺」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ロマンス詐欺」とは?

「ロマンス詐欺」とは?

「ロマンス詐欺」とは、ネットの中で恋愛を匂わせてその気にさせ、金品の搾取が行われる詐欺行為です。

日本人同士で行われることは少なく、被害者側が女性、加害者側は外国人というケースが多数を占めています。

その理由として、独身でそれなりの資産を築いている、いわゆる「キャリアウーマン」が狙われる傾向が高い為で、そのいった女性は英語が堪能な場合が多いことが、この詐欺には災いしてしまっています(加害者側の外国人は、ほとんどが英語で語り掛けてきます)。

「結婚詐欺」とは?

「結婚詐欺」とは?

「結婚詐欺」は、昔から存在する恋愛感情に乗じた詐欺行為で、先の「ロマンス詐欺」も、新手のこの1つに入ると考えて構いません。

こちらでは、男性、女性ともに被害者、及び加害者になり、被害者が男性というケースの方が多いと言われています。

「結婚」すると直接表現しない場合でも、明らかにそれを匂わせた金品などの搾取は、充分にこれに該当します。

ここまではいかない、恋人のように装うことで金品を搾取する「恋愛詐欺」も含めて使われる場合があり、こちらの場合も被害者に多いのは男性となっています。

「ロマンス詐欺」と「結婚詐欺」の違い

「ロマンス詐欺」と「結婚詐欺」の違い

「ロマンス詐欺」「結婚詐欺」の違いを、分かりやすく解説します。

「ロマンス詐欺」は、前述のように、英語がある程度分かり、少々の資産のある独身女性がターゲットになる点が、「結婚詐欺」の中でも特殊だと言うことができます。

その「結婚詐欺」は、直接「結婚」というキーワードが出てこなくとも、暗にそれを示唆していると解釈できれば、そのように呼べる詐欺行為です。

近年多くなっている「恋愛詐欺」も、この一種に含めていいでしょう。

まとめ

まとめ

「ロマンス詐欺」「結婚詐欺」は、このように違います。

「ロマンス詐欺」は、ネット社会と呼ばれる現在だからこその詐欺行為だと言うことができます。

ネット上での偶然を装った出会いから、そのように発展させるのが狙いなので、外国人からの怪しげなメールなどには下手に返信しないのが一番です。