「キラキラネーム」と「dqnネーム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キラキラネーム」と「dqnネーム」の違い違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キラキラネーム」「dqnネーム」の違いを分かりやすく説明していきます。

「キラキラネーム」とは?

キラキラネームとは、目にすれば分かる様に光輝く様だったり、煌めくという意味を持つキラキラに、名前といった意味があるネームを付け加える事で出来た言葉です。

そのためキラキラネームは、一風変わった名前だったり、当て字を使って漢字を間違った読ませ方をする等の珍名を意味する言葉となっています。

「キラキラネーム」の使い方

キラキラネームは、主に親が子供に一風変わった珍しい名前を付けた時に、その名を評する際に用いられる言葉です。

キラキラという言葉が付いている事でも分かる様に、珍しい名前であってもお洒落さや可愛さ、格好良さといったものを感じさせたり、そういう意図を込めて名付けられた様な名前に対して、この言葉が使われるのが基本となっています。

「dqnネーム」とは?

dqnネームとは、どきゅんネームという読み方をする言葉です。

文字で見れば直ぐに理解出来ますが、教養や品位がない人や非常識な行動をする人といった意味を持つdqnに、名という意味を持つネームを加える事で成立しています。

だからこそdqnネームは、一般的には認められ難い一風変わった子供の名前を表す言葉です。

「dqnネーム」の使い方

dqnネームは、基本的に親が子供に名付ける珍名を示す言葉です。

dqnというネットスラングが使われた言葉である事から分かる様に、暴走族が好む様な無理矢理な当て字を使用して名付けた子供の名を表す際にこのdqnネームという言葉を使う事が多かったりします。

それこそ人名とは思えない名付けをする親がいるため、dqnネームという言葉は名付けた親に対して批判的な意味合いを込めて用いられる事が多いです。

「キラキラネーム」と「dqnネーム」の違い

キラキラネームとdqnネームは、文字を比較すれば分かる様にネームの前の言葉が、キラキラかdqnかという明確な違いがあります。

もっともどちらも基本的には、子供の名前に対して用いられる言葉という共通点もあるのです。

ただしキラキラネームは、キラキラという言葉が付いている事で分かる様に、音の響きや見た目の字の格好良さ等のお洒落さばかりを重視して付けられた子供の名を表します。

dqnネームの方は、人名とは思えない様な極端過ぎる子供の名前を表す言葉です。

「キラキラネーム」の例文

・『彼の娘はキラキラネームなので、ぱっと見ではどう読めば良いのか分かりません』
・『息子に少し凝った名前を付けたものの、キラキラネームだと思われないか心配だ』

「dqnネーム」の例文

・『私は子供の頃、dqnネームのせいでいじめられました』
・『子供にあんなdqnネームを付けるなんて、無責任だ』

まとめ

2つの言葉は、どちらも子供の珍名に対して用いられる言葉です。

ただしキラキラネームの方は、言葉の響きとか見た目の文字の格好良さとかお洒落感を意識し過ぎた子供の珍名に対して使われる事が多い言葉となっています。

一方のdqnネームは、まるで意味を為さなかったり極端過ぎる名前に対し使用される言葉となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物