「クチャラー」と「ピチャラー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クチャラー」と「ピチャラー」の違い違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クチャラー」「ピチャラー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「クチャラー」とは?

物を食べるときに、くちゃくちゃと音を出す人のことです。

物を噛むときに上下の唇がくっついていないと、くちゃくちゃと音がしてしまいます。

この音は人を不快にさせます。

また、物を噛むときに口が開くと口の中が見えてしまい、口の中にある食べものも見えて、一緒に食事をしている人に不快感を与えます。

日本では、食事をするときには口を閉じて咀嚼することがマナーとされています。

くちゃくちゃ音を立てられることに不快感を覚え、そういった人に注意をする人もいるようです。

しかし、それでもくちゃくちゃ音が改善されないことがあります。

その理由として、次のようなことが考えられます。

まず、鼻がつまっていて口を閉じて咀嚼すると息が苦しくなってしまうということです。

つぎに、口を閉じて咀嚼すると食べものが鼻の方に移動してしまうということです。

そして、口を開けた方がおいしく感じられるということも考えられます。

これらは努力次第で治すことができます。

「クチャラー」の使い方

食べるときにくちゃくちゃと音を立てる人のことを指して使用します。

固いものを食べると自然とポリポリ、ガリガリなどの音がします。

これらの音は口を閉じていても、どうしても出てしまうものです。

このような音を立てても「クチャラー」とはいわないことが一般的です。

「ピチャラー」とは?

物を噛んだり、液体を飲んだりするときにぴちゃぴちゃと音を立てる人のことです。

物を噛むときに口を閉じていないと、ぴちゃぴちゃと音がすることがあります。

また、液体の飲み方によっても、ぴちゃぴちゃ音がすることがあります。

こういった音は人を不快にさせます。

それだけでなく、見た目も不快感を与えることがあります。

さらに、食べものが口からとぶ可能性もあります。

しかし、音を出している本人は不快に感じないようです。

周囲の人を不快にさせるので、不快に感じた人が注意をすることがあります。

しかし、それでも改善しないことが少なくありません。

「ピチャラー」の使い方

物を噛んだり、液体を飲んだりするときに、ぴちゃぴちゃ音を立てる人を指して使用します。

日本では、ラーメンやソバなどの麺類を食べるときにすする習慣があり、そのときに「ずるる」などの音がします。

しかし、これらの音を出しても「ピチャラ―」とはいわないことが一般的です。

「クチャラー」と「ピチャラー」の違い

どちらの言葉も、物を食べるときに音を出す人のことを指しています。

違いは出す音です。

前者の言葉は、くちゃくちゃ音を出す人を指しています。

後者の言葉は、ぴちゃぴちゃ音を出す人を指しています。

どちらの音も周囲の人を不快にすることが少なくありません。

まとめ

食べるときに音を出す人を指している言葉です。

この意味はどちらにも共通していますが、出す音に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物