「謙遜」と「遠慮」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「謙遜」と「遠慮」の違い違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「謙遜」「遠慮」の違いを分かりやすく説明していきます。

「謙遜」とは?

「謙遜」の意味は以下の通りです。

1つ目は「へりくだること」という意味で、ビジネスなどで礼儀として相手を高めることを言います。

2つ目は「控えめな態度をとること」という意味で、一般的なマナーとして自慢しないことを言います。

上記に共通するのは「自分を低く見せる」という意味です。

「謙遜」の使い方

「謙遜」「へりくだること」「控えめな態度をとること」という意味で使われます。

名詞として「謙遜する・した」と動詞を伴って使われたり、「謙遜して」副詞として使われたりします。

基本的に、社会人として人間関係をスムーズにする為に、相手を高めて自分を低く見せる言動を表す言葉です。

「遠慮」とは?

「遠慮」の意味は以下の通りです。

1つ目は「人に対して慎ましい言葉遣いや態度を見せること」という意味で、相手のことを思いやって行動する様子を言います。

2つ目は「辞退すること」という意味で、ある権利を放棄することを言います。

3つ目は「ある場所から退くこと」という意味で、事情があってその場から立ち去ることを言います。

4つ目は「遠い将来のことをあれこれ考える」という意味で、未来のことについて深く思いを巡らすことを言います。

5つ目は「江戸時代に行われた武士や僧に対する刑罰」という意味で、昼間は自宅謹慎させる刑罰のことを言います。

上記に共通するのは「堂々と行動することをはばかる」という意味です。

「遠慮」の使い方

「遠慮」「人に対して慎ましい言葉遣いや態度を見せること」「辞退すること」「ある場所から退くこと」「遠い将来のことをあれこれ考える」「江戸時代に行われた武士や僧に対する刑罰」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴って「遠慮する・した」と使われたり、副詞として「遠慮して」と使われたりします。

基本的に、その場の雰囲気や相手の事情などを考えて、自己主張をせずに慎んだ言動をする時に使われる言葉です。

「謙遜」と「遠慮」の違い

「謙遜」「社会人として人間関係をスムーズにする為に、相手を高めて自分を低く見せる言動をすること」という意味です。

「遠慮」「その場の雰囲気や相手の事情などを考えて、自己主張をせずに慎んだ言動をすること」という意味です。

「謙遜」の例文

・『彼は謙遜して自分の学歴について何も語らなかった』
・『彼女は常に謙遜して誰に対しても敬語で話す』
・『今どきの若い者は謙遜という言葉を知らないのだろう』
・『彼はいくら何でも謙遜し過ぎてイラッとする』

「遠慮」の例文

・『彼は遠慮して自分の意見を言わなかった』
・『女性に遠慮して下ネタは避けた』
・『華やかな場所への出席は遠慮させて頂きます』
・『父は自分の家にいるのにいつも遠慮している』

まとめ

今回は「謙遜」「遠慮」について紹介しました。

「謙遜」「相手を高めて自分を低める」「遠慮」「自己主張を慎む」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物