転職エージェントの「オファー」と「スカウト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オファー」と「スカウト」の違い違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職希望者と企業を仲介する転職エージェントには「オファー」「スカウト」という機能が用意されています。

どちらも企業からの誘いを指すものですがこの2つには一体どのような違いがあるのでしょうか。

今回は、転職エージェントの「オファー」「スカウト」の違いについて解説します。

「オファー」とは?

「オファー」とは転職エージェントの登録者に届けられる求人情報の一種です。

働き手を求める企業や仲介サービスの提供者は登録者の情報を検索し条件に該当する人に対して求人情報を提供します。

この時提供される求人情報が「オファー」です。

「オファー」のもともとの意味は「提供、申し出、注文」です。

一般にオファーというと勧誘や依頼など相手に対し何かをお願いする連絡のことを指します。

転職エージェントにおける「オファー」の場合はもっと意味合いが緩く情報提供のみで強い勧誘の意志がないものも含まれます。

そのためオファーが来たからといって転職活動で有利に働くということはなく、一般的にはオファーを利用して応募しても自力で情報を集めて応募したのと同じ扱いになります。

「オファー」の意味は転職エージェントによっても微妙に異なるので注意が必要です。

サービス利用時にオファーがどのような機能なのかを確認しておきましょう。

「オファー」の使い方

・転職エージェントに登録してすぐオファーが届いた。

・オファーはくるのだがなかなか採用が決まらない。

・オファーを使いこなすと転職エージェントがさらに便利になる。

・オファーとは名ばかりで実際にはただの求人情報提供だった。

「スカウト」とは?

「スカウト」とは転職エージェントの登録者に対して送られてくる「勧誘の連絡」です。

「スカウト」の主体となるのは企業の採用担当者もしくは転職エージェントです。

彼らが登録情報を参考にぜひ我が社で働いて欲しい、転職先にピッタリの求人があるという強い意志を持って送る勧誘メールがスカウトです。

「スカウト」は特定の個人に対して送られるものなので転職採用につながる確率が高く登録者にとっては大きなチャンスとなります。

「スカウト」経由で応募すると一般応募よりも有利に扱われることも多く転職成功をめざすなら有効活用すべき機能です。

「スカウト」の使い方

・転職エージェント登録初日からスカウトされたので驚いた。

・突然のスカウトに驚きを隠せない。

・スカウトを活用しないと条件の整った転職先は見つからない。

・このスカウトには気が乗らない。

「オファー」と「スカウト」の違い

「オファー」「スカウト」の違いは勧誘する意志の有無です。

転職エージェントでは個人宛てに送られる情報提供一般のことを「オファー」と呼んでいます。

条件が合致したら機会的に情報が送信されることも多く企業側の意志は無関係です。

「スカウト」には勧誘の意志が込められています。

「スカウト」が届いたということは企業や転職エージェントがその登録者に強い関心を持っている証拠です。

提供される転職情報もぜひ働いてほしいという勧誘の意志が込められており応募でも有利に扱われます。

通常「オファー」よりも「スカウト」のほうが転職成功率が高くなります。

ただし、どちらも成功を保証するものではなく最後は実力で決まります。

まとめ

「オファー」「スカウト」はサービスによって意味合いが異なる可能性があります。

ほぼ採用決定に近い連絡のみを「オファー」と呼ぶところもあれば求人情報の提供を「スカウト」と呼ぶところもあります。

勘違いしないよう登録する際に具体的な意味を確認することをオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物