「苛酷」と「過酷」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「苛酷」と「過酷」の違い違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「苛酷」「過酷」の違いを分かりやすく説明していきます。

「苛酷」とは?

「苛酷」【かこく】とは、きわめてひどいこと、むご過ぎることです。

強い不快感や苦痛を伴うような厳しさを表しています。

漢字の意味を見てみると「苛」は、きびしい、むごい、などの意味を持っています。

「酷」「苛」と同様にきびしい、ひどいなどの意味を持つほか、状況がはなはだしいことを表す漢字となっています。

この2つの漢字を組み合わせた「苛酷」は厳しさやむごさが強調され、きわめてひどいこと、慈悲が感じられないほど厳しいことを表す熟語になっているのです。

「苛酷」は、人の置かれている状況がたいへん厳しいことを指すときに使います。

漢字の「苛」には苦しめる、いじめるという意味があり、「苛酷」からは人から受ける仕打ちがむごく無慈悲な様子がニュアンスとして伝わってきます。

「苛酷」の類語は「過酷」【かこく】、「残酷」【ざんこく】、手酷い【てひどい】などです。

これらは度を越したひどさを表しているところが「苛酷」と共通しています。

「苛酷」の例文

・『休憩もさせず苛酷な労働を課す』
・『いくら悪人でも苛酷な処罰を与えるのは良くない』

「過酷」とは?

「過酷」【かこく】とは、度を越してひどい、厳しいことです。

漢字の「過」は、はなはだしい、度を越しているという意味を持ちます。

「酷」はきびしい、ひどい、はなはだしいという意味を持つ漢字です。

この2つを組み合わせた「過酷」は、非常に厳しい、ひど過ぎる状況を表す熟語になっています。

「過」「酷」もはなはだしいことを表すことから、厳しさが一層強調されています。

「過酷」は、起きている状況、置かれている環境が人やものにとってやさしくなく、その状況で物事をするのは難し過ぎて苦痛を伴う様子を表しています。

類語は「苛酷」「手厳しい」【てきびしい】「冷酷」【れいこく】などです。

これらは厳しさを表しているところが「過酷」と共通しています。

「過酷」の例文

・『1日の寒暖差が激しく、生物にとっては過酷な環境だ』
・『部品の耐久テストをおこない、過酷な条件下でも故障しないことを確認する』

「苛酷」と「過酷」の違い

「苛酷」「過酷」の違いを、分かりやすく解説します。

「苛酷」は、がきわめてひどい、むごいことです。

「過酷」は、度を越してひどい、厳しいことです。

どちらも、ひどい、むごいという意味の「酷」が付き、非常に厳しい状況に置かれることを表しています。

両者の違いは「苛酷」が人から受ける仕打ちのひどいこと、無慈悲なことを表すのに対し、「過酷」はその人やものの置かれる環境が厳しくひどいことを表しているところです。

ただし両者に大きな意味の違いはなく、一般には「過酷」の表記がよく使われています。

これは2010年まで「苛」が常用漢字ではなく、「過」と表記するほうが自然であったことが関係しています。

「苛酷」の表記がふさわしい箇所が「過酷」になっていても、間違いとはいえません。

まとめ

「苛酷」「過酷」は、ほぼ同じ意味を持つ同音語です。

一般には「過酷」の表記になじみがあり、「過酷」を使って問題はありません。

ただし両者の意味は少し違っているので、必要に応じて「苛酷」「過酷」を書き分けてみるのもよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物