歌の「フェイク」と「アドリブ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歌の「フェイク」と「アドリブ」の違い違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、歌の「フェイク」「アドリブ」の違いを分かりやすく説明していきます。

歌の「フェイク」とは?

「フェイク」の意味は以下の通りです。

1つ目は「即興歌唱」という意味で、その場で考えて歌うことを言います。

2つ目は「アレンジする」という意味で、元の楽曲のメロディーをわざと変えたり、自分なりにアレンジして歌うことを言います。

上記に共通するのは「原曲をアレンジする」という意味です。

「フェイク」は英語の「fake」が日本語化した言葉で、「偽物」「偽造」「うそ」「虚偽」「ジャズの即興演奏」などの意味があり、「フェイクニュース」などとも言われています。

「フェイク」の使い方

「フェイク」「即興演奏」「アレンジする」という意味で使われます。

名詞として「フェイクする・した」と使われたり、副詞として「フェイクして」と使われたりします。

基本的に、原曲があって、キーが合わない、メロディーが自分の感性と合わないなどの理由で、自分なりにアレンジして演奏する時に使われる言葉です。

歌の「アドリブ」とは?

「アドリブ」の意味は以下の通りです。

1つ目は「即興歌唱」という意味で、その場で短い曲を作って歌い出すことを言います。

2つ目は「曲の構成をアレンジする」という意味で、ある曲の長さなどを全く決めない状態で、その場の雰囲気に合わせて思いのまま歌うことを言います。

上記に共通するのは「その場で新しく作る」という意味です。

「アドリブ」の使い方

「アドリブ」「即興歌唱」「曲の構成をアレンジする」という意味で使われます。

名詞として「アドリブを入れる・入れた」「アドリブが利く・利かない」などと使われます。

基本的に、その場で全く新しい曲やフレーズを作って歌ったり、曲の長さを決めずにコード進行だけを決め延々と演奏して、その間自由に歌う時に使われる言葉です。

歌の「フェイク」と「アドリブ」の違い

「フェイク」「元の楽曲のメロディーをわざと変えたり、自分なりにアレンジして歌うこと」という意味です。

「アドリブ」「その場で全く新しい曲やフレーズを作って歌うこと」「曲の長さを決めずにコード進行だけを決め延々と演奏して、その間自由に歌うこと」という意味です。

「フェイク」の例文

・『あまりにフェイクし過ぎて原曲が分からなかった』
・『彼はフェイクすることで自分のものにしている』
・『自分の曲をフェイクして歌っている』
・『彼女は難しい曲をうまくフェイクして歌っている』

「アドリブ」の例文

・『あのアカペラは全く彼のアドリブだったそうだ』
・『アドリブは苦手なので、構成だけでも決めて欲しい』
・『歌詞を忘れたのでアドリブでごまかした』
・『彼女はアドリブの方が上手いと思う』

まとめ

今回は歌の「フェイク」「アドリブ」について紹介しました。

「フェイク」「原曲を変えて歌う」「アドリブ」「その場で作って歌う」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物