「ウクレレ」と「ギター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ウクレレ」と「ギター」の違い 音楽・楽器
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ウクレレ」「ギター」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ウクレレ」とは?

「ウクレレ」とは、「ギター」を小型にしたような形で、四弦を張った楽器のことを言います。

「ウクレレ」は、弦を弾いて演奏します。

「ウクレレ」はハワイアン音楽の楽器とされています。

気軽に始めることができる楽器として近年、人気です。

「ギター」とは?

「ギター」とは、弦を弾いて演奏する楽器の一種です。

ひょうたんのような形で、六本の弦を張ったものが一般的な「ギター」です。

弾き方は左指で弦を押さえて、音程を整えます。

右の指先、ピックなどを使って弦を弾き演奏します。

電気を使わないものを「アコースティックギター」と言います。

これは「エレキギター」に対しての言葉でもあります。

「エレキギター」とは電気を使った「ギター」のことです。

「ウクレレ」と「ギター」の違い!

「ウクレレ」「ギター」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つはどちらも撥弦楽器という共通点があります。

撥弦楽器とは、指先、爪、ばちなどで弦を弾いて弾く楽器のことを言います。

「ウクレレ」「ギター」の違いは、大きさ、弦の数などにあります。

形自体は似ているのが特徴です。

「ウクレレ」は小さな「ギター」のような見た目です。

弦は四本となっており、ハワイアン音楽に使われる楽器として有名です。

一方の「ギター」は、弦が六本なのが一般的です。

通常の「ギター」よりも若干小さめの「ミニギター」などもあります。

「ギター」には電気を使う「エレキギター」と電気を使わない「アコースティックギター」と、種類があると覚えておきましょう。

電気を使わない「アコースティックギター」であっても、弾き方によってはかなりの迫力、音量が出ます。

集合住宅などで演奏する場合は注意が必要です。

まとめますと、「ウクレレとは小型のギターのような見た目、四弦、ハワイアン音楽に使われる」「ギターは一般的には六弦、アコースティック、エレキと種類がある」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ウクレレ」「ギター」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも撥弦楽器ですが、弦の数など違いがあります。

それぞれの違い、特徴を理解しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽・楽器
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物