「ソファ」と「ベンチ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ソファ」と「ベンチ」の違いとは?違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ソファ」「ベンチ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ソファ」とは?

座面や背もたれにクッションがきいており、ゆったりと座れる椅子のことです。

「ソファー」と発音することもあります。

「ソファ」は、骨組みとウレタン素材などクッション性のある素材を組み合わせて作られています。

また、コイルスプリングやウェービングテープなどを使用することで、クッション性を高めています。

形はさまざまで、ひじ掛けがあるもの・ないもの、長椅子タイプ、一人がけタイプなどがあります。

ソファーベットと呼ばれる、座ることにも眠ることにも使えるタイプもあります。

「ソファ」の表面に使用される素材もさまざまです。

一般的に使用されているものには、天然皮革、人工皮革、ファブリックがあります。

どのような形、素材であっても、クッション性のあるゆったり座れる椅子のことを「ソファ」といいます。

「ソファ」の使い方

座面や背もたれにクッション性がある、ゆったり座れる椅子を指して使用します。

クッション性のない硬いものには使用しません。

「ベンチ」とは?

「ベンチ」には2つの意味があります。

一つは、簡単なつくりの長椅子です。

使用される素材は、木や石などです。

背もたれがあるタイプとないタイプとがあります。

簡単なつくりになっており、クッション性はありません。

「ベンチ」には、屋内で使うものと屋外で使うものとがあります。

屋外で使うものは、公園や遊歩道などに設置されていることが多いです。

「ベンチ」は長椅子タイプのもので、一人がけのもののことはいいません。

もう一つの意味は、野球などで、コーチ・監督・選手などの控え席です。

出場を待っている選手はここで待機しています。

「ベンチ」の使い方

簡単なつくりの長椅子を指して使用します。

クッション性があるものや、一人がけ用のものには使用しません。

屋内で使うものと屋外で使うものとがあり、どちらのことも指すことができます。

「ソファ」と「ベンチ」の違い

どちらも椅子なのですが、形に違いがあります。

前者はクッション性がある椅子です。

ウレタンやスプリングなどを使用して、クッション性を出しています。

後者は簡単なつくりの椅子です。

ウレタンやスプリングなどは使用されておらず、クッション性はありません。

「ソファ」の例文

・『ソファに腰掛ける』
・『新しいソファを購入する』
・『ソファを自宅に入れられるか寸法をはかる』
・『ソファの張り替えをする』

「ベンチ」の例文

・『公園のベンチに座る』
・『ベンチに座ってお弁当を食べる』
・『ベンチに長時間座っていたらお尻が痛くなった』
・『かわいいデザインのベンチ』

まとめ

どちらも座るための物を指していますが、つくりに違いがあります。

大きな違いはクッション性の有無です。

「ソファ」はクッション性がありますが、「ベンチ」はクッション性がありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物