スポンサーリンク

「物損事故」と「人身事故」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「物損事故」と「人身事故」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「物損事故」「人身事故」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「物損事故」とは?

「物損事故」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「物損事故」「ぶっそんじこ」と読みます。

「物損事故」は、「交通事故の中で、死傷者がいない事故」を指します。

交通事故を起こしたとき、だれも死なず、怪我をした人もいない場合は、「物損事故」と呼ばれることになります。

そのため、被害は損傷した物、滅失した物に限定されます。

そのため、損害賠償をする場合は、壊れてしまった物を弁償する費用などが主になります。

「家の近くで、物損事故を起きたが、死んだり怪我をする人が出なくてよかった」と言う文章の場合、家の近くで、交通事故が起こったものの、物が壊れるだけで、死者などが出なくてよったという意味になります。

「物損事故を起こしてしまったため、警察に通報する」「物損事故を目撃した」などという文章を作ることができます。

「人身事故」とは?

「人身事故」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「人身事故」「じんしんじこ」と読みます。

「人身事故」「交通事故によって、被害者が傷害を負う場合、死亡した場合」を意味します。

例えば、車で人を轢いてしまった結果、被害者が怪我をしたり、なくなってしまうようなとき、「人身事故」となります。

そのため、「運転ミスにより、人身事故を起こす」という場合は、自動車やバイクなどの運転ミスによって、被害者が怪我をしたり、亡くなることを意味します。

「人身事故を目撃した」「人身事故の目撃情報を募集する」などという使い方をすることができます。

「人身事故」が起きたとき、被害者は治療費に当たる、「病院治療費」や事故に遭うことで働けなくなり、収入が得られないという損害に対して支払われる費用である「休業損害」、さらに「慰謝料」などを請求することができます。

「物損事故」と「人身事故」の違い

「物損事故」「人身事故」の違いを、分かりやすく解説します。

「物損事故」は、「交通事故の中で、死傷者がいない事故」という意味があります。

一方の「人身事故」には、「交通事故により、被害者が傷害を負う場合や死亡した場合」を意味します。

どちらも交通事故に関する言葉で、事故が起きたときなどに使います。

「物損事故」は、物が壊れただけで、被害者が怪我をしたり、死んでいない場合に、「人身事故」は、被害者が怪我をしたり、死んだ場合に使う言葉になります。

「物損事故」だと思っても、実は被害者がいて、怪我をしているというケースがあるため、「物損事故」から「人身事故」に切り替わることもあります。

まとめ

「物損事故」「人身事故」の違いについて見てきました。

交通事故を起こしたとき、被疑者が怪我をしたり、死んでしまったという場合は、「人身事故」となり、一方で、物が壊れただけの場合は「物損事故」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物