スポンサーリンク

「糺す」と「正す」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「糺す」と「正す」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「糺す」「正す」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「糺す」とは?

「糺す」には、物事の理非を明らかにする、罪過の有無を追及する、といった意味があります。

読み方は「ただす」です。

この「糺す」「糺」は、音読みで「キュウ」と読み、訓読みでは、「ただす」以外に「あざなう」と読みます。

過ちを問いただす、厳しく訊ね、そして、調べる、という意味で用いられる言葉です。

このような意味から「糺す」の類語は、「査問」「鞫問」「審問」「問い詰める」「問いただす」などとなります。

英語で言えば、「they sardine」です。

「糺す」の使い方

「糺す」の使い方は、過ちを問いただす使い方が基本となり、「事件の真相を糺す」「事の是非を正す」「真偽を糺す」などとなります。

「正す」とは?

「正す」には、良くないところ、間違っているところをなおす、正しくするといった意味や乱れているところを整える、といった意味があります。

「正す」「正」は、音読みで「セイ」「ショウ」

訓読みで「ただしい」「まさ」と読みます。

この漢字そのものに正しい、間違いのない、道理にかなった、といった意味があります。

このような意味から「正す」の類語には、「修正」「訂正」「矯正」「改良」「直す」「治す」などとなります。

英語で言えば、「correct」です。

「正す」の使い方

「正す」の使い方は、正しくするといった使い方が基本となり、「姿勢を正す」「襟を正す」「行いを正す」「服装を正す」などとなります。

「糺す」と「正す」の違い

同じ読み方の「糺す」「糺す」は、意味を踏まえ使い分けする必要があります。

「糺す」には、物事の理非を明らかにする、罪過の有無を追及する、といった意味があり、過ちを問いただす際に用いられる言葉です。

一方、「正す」には、良くないところ、間違っているところをなおす、正しくするといった意味や乱れているところを整える、といった意味があり、間違いを直す、きちんと整えるといった際に用いられる言葉です。

このように、「糺す」「正す」には、明確な意味の違いがあります。

「糺す」の例文

・『私は、罪を糺す仕事に就きたいと思い裁判官を選びました。』

・『事件の真偽を糺すこの仕事にやりがいと責任感を持っています。』

・『なぜ、このようになってしまったのか。そのわけと糺すことにしました。』

・『出品された作品の真偽を糺しているところです。』

「正す」の例文

・『先生の口癖は、「服装の乱れは心に乱れ」そのため、毎朝、服装チェックが行われ服装を正すことから始まります。』
・『姿勢を正すことは、気持ちが引き締まり良いものです。』
・『襟を正して、気合を入れ直しました。』
・『親として子供の誤った考えを正す必要があります。』

まとめ

以上が「糺す」「正す」の違いです。

これらが持つ漢字の意味を踏まえ、正しく使い分けることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物