スポンサーリンク

「債務整理」と「個人再生」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「債務整理」と「個人再生」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

資金繰りに悩んだとき、思い浮かぶ言葉はいくつかあります。

この記事では、「債務整理」「個人再生」の違いを分かりやすく説明していきます。

ピンチを救う法律用語を知って、暮らしに役立ててみてください。

スポンサーリンク

「債務整理」とは?

債務整理とは、借金の問題を解決すること。

暮らしや事業を立て直していくための糸口をあらわします。

債務整理をおこなうメリットは、借金の片付けがおこなえること。

借金の額そのものを減らしたり、返済する時期を少し先に延ばしたりします。

抱えている負債を整理していけるので、身も心もゆとりが持てるようになります。

債務整理には4つの種類があります。

よく知られたものが、自己破産。

いったん借金をゼロにする、画期的な方法です。

このほかに任意整理や特定調停、そして個人再生などの手続きがあります。

「何に重きを置きたいのか」や現在の借金の額をふまえて、ベストな解決策を選んでいきます。

「個人再生」とは?

個人再生とは、借金を整理するひとつの方法のこと。

裁判所に「借金が払えなくて困っています」と申し立てをおこない、認めてもらう方法です。

個人再生をおこなうと、今ある借金を大幅に減らすことができます。

個人再生をおこなうメリットは、マンションや一戸建てなどの持ち家を手放すことなく、借金の額だけを減らせること。

自己破産のように大きな制限を受けなくてもいいので、今の生活をキープしながら負債のみ減らしていけます。

マイホームを売らなくてもいいので「お子さんの進学が気になって債務整理ができない」と悩んでいる方にも向いています。

一方で個人再生の手続きには、半年ほどの期間がかかることもあります。

思い立ってすぐに実行できるものではないので、家族や法律家とよく話し合いをおこない、計画的に取り組むことも大切です。

「債務整理」と「個人再生」の違い

どちらもお金にまつわるトラブルを、潔く解決する方法です。

「債務整理」「個人再生」の違いを、分かりやすく解説します。

「債務整理」のひとつが「個人再生」
債務整理の4つのパターンのうち、ひとつにあたるものが個人再生です。

個人再生をおこないたいときは、近くの地方裁判所で申し立ての手続きをふむ必要があります。

裁判所が内容をみとめた場合のみ、個人再生が実行され、借金が減額されます。

個人再生をおこなうと、情報が信用機関に登録され、数年にわたり新たなローンを組むことができないというデメリットがあります。

ただ現在の仕事やマイホームを維持し続けながら、借金の額を減らしていける前向きな再生方法になります。

まとめ

「債務整理」「個人再生」の違いを分かりやすくお伝えしました。

債務整理とは借金を整理すること。

債務整理のいくつかの手段の中に、個人再生があります。

個人再生とはマイホームを処分することなく、今ある借金を大幅に減額できる方法です。

手続きには半年ほどの時間がかかるため、家族や専門家と計画的にプランを練っておくことも大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物