スポンサーリンク

「制作者」と「製作者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「制作者」と「製作者」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同じ読み方の言葉の中でも意味の違いが難しく感じる人が多い「制作者」「製作者」

漢字一文字だけが異なる言葉です。

この記事では、「制作者」「製作者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「制作者」とは?

「制作者」とは、芸術作品などを作った者を指す言葉です。

「制作」には、芸術作品などを作るといった意味があり、絵画や音楽、陶芸、彫刻など、美術作品や芸術作品と呼ばれるものを意味します。

そのほか、バラエティーやドラマ、ドキュメンタリーなどといったテレビ番組、映画やアニメーションといったものを複数人で共同作業し作り上げるといった意味もあります。

このような作業を行う人をまとめて、「制作者」と言います。

「制作者」の使い方

「制作者」の意味から考えると、「ドラマの制作者」「陶芸品の制作者」「作品の制作者」といった形で「制作者」を用いることとなります。

「製作者」とは?

「製作者」とは、機械や道具などを使って品物を作る人を指す言葉です。

「製作」には、機械や道具などを使って品物を作ることといった意味があり、基本的に実用的なものを作ることを意味します。

例えば、家具や本、様々な機器や図面などを作ることを「製作」と言い、これらに携わる人のことを「製作者」と言います。

「製作者」の使い方

「製作者」の意味から考えると、「家具の製作者」「部品の製作者」「地図の製作者」といった形で「製作者」を用いることになります。

「制作者」と「製作者」の違い

「制作者」「製作者」とでは、何を作っているのかといった違いがあります。

芸術作品を作り上げる者やアニメーション、ドラマ、映画などを複数人で作り上げる者を「制作者」と呼び、実用的なものを作り上げる者や道具などを用いてものを作り上げる者を「製作者」と呼びます。

ただし、どちらでもよい場合もありアニメや衣類などの場合、その状況に合わせ「制作者」「製作者」を使い分けることとなります。

そのため、これらに対しては少し注意が必要です。

「制作者」の例文

・『ドラマの制作者に憧れ今の会社に入社したにもかかわらず、バラエティー番組を担当することになった』
・『ネットの動画制作者を目指し専門学校に通うことにしました』
・『子供の頃に有名なアニメを見たときから、僕の夢はアニメの制作者になることです』
・『この美術品の制作者に是非、会ってみたい』

「製作者」の例文

・『素晴らしい出来栄えだったため、是非、この洋服の製作者に会ってみたいと思いました』
・『家具の製作者に直接会い、細かな希望を伝えさせて頂きました』
・『私は父のような製作者になりたいと思い、医療機関メーカーに就職しました』
・『地図を作るプロの地図製作者から、地図作りの大変さを教わりました』

まとめ

以上が「制作者」「製作者」の違いです。

何をどのような形で作っているのか。

そのこと踏まえ、「制作者」「製作者」を使い分けるものとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物