スポンサーリンク

「対話」と「コミュニケーション」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「対話」と「コミュニケーション」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「対話」「コミュニケーション」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「対話」とは?

「対話」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「対話」「たいわ」と読みます。

「対話」には「向かい合って話し合うこと」という意味があります。

またその話そのものを指します。

例えば、普段は会うことが少ない政治家と市民が向かい合って話をする機会があるとき、「政治家が市民と対話する機会を増やす」などと言います。

また、向かい合って人と話をすることが苦手な人もいます。

このような人の様子を「対話は苦手」と表現できます。

メールなどで連絡をする人が多いかもしれません。

ビジネスの場面では、重要なときほど、向かい合って話をする必要があるのではないでしょうか。

そのため、「ビジネスに対話は欠かせない」などという文章にすることができます。

「コミュニケーション」とは?

「コミュニケーション」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「コミュニケーション」「communication」と英語表記します。

「コミュニケーション」「社会で暮らす人がたがいに意志や感情、また思考を伝え合うこと」という意味があります。

例えば、社員同士の意思や感情、思考を伝え合う機会を増やすとき、「コミュニケーションを持つ機会を増やす」などと言う使い方をします。

また、互いの意思疎通ができずに、対人トラブルを起こしてしまうような場合は、「コミュニケーションの欠如」などと言います。

さらに初対面の人と会って、すぐに打ち解けることができるような人を、「コミュニケーション能力が高い人」と言います。

一方で、恥ずかしがり屋だったし、人見知りだったりするなどして、なかなか人と意思疎通を取ることができないタイプの人を「コミュ障」など呼ぶことがあります。

「対話」と「コミュニケーション」の違い

「対話」「コミュニケーション」の違いを、分かりやすく解説します。

「対話」には「向かい合って話し合うこと」という意味があります。

一方で、「コミュニケーション」「社会で暮らす人がたがいに意志や感情、また思考を伝え合うこと」という意味があります。

「コミュニケーションを取る」という場合は、飲み会を開いたり、一緒にキャンプに行ったり、自己紹介をした理、面談をしたりと、様々な方法で、互いの意思や感情、思考を伝え合うことを示唆します。

一方で「対話をする」という場合は、「向かい合って話すこと」を指します。

このように、「対話」「コミュニケーション」の一手段にすぎず、「コミュニケーション」という言葉の意味の中に、「対話」も含まれていると考えることができます。

まとめ

「対話」「コミュニケーション」の違いについて見てきました。

「対話」「コミュニケーション」の一部で、「コミュニケーション」という言葉を使う場合は、面と向かって話をするだけでなく、一緒に遊んだり、飲みに行ったりすることも含まれていることが分かりました。

2つの言葉の意味の違いを知り、使いわけられるようにしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物