スポンサーリンク

「映る」と「写る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「映る」と「写る」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「映る」「写る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「映る」とは?

「映る」とは?

「映る」とは、姿や形、影などが反射や投影によって、他のものの上に現れることを意味します。

映像がスクリーンやテレビの画面などに現れることが「映る」ということになります。

そのほか、色や物の配合がよくつり合いがとれている状態も「映る」

人の目にある印象を与える場合も「映る」となります。

このような意味から、「映る」「映」を用いた言葉には、「映画」「映写」「映像」「上映」「放映」「反映」など、どれも、「映る」ことを意味する言葉がたくさんあります。

「映る」の使い方

どこに「映る」のかといった使い方が主な「映る」の使い方です。

例えば、「目に映る」「テレビに映る」「画面に映る」などがあります。

また、「可愛く映る」「奇異に映る」などといった使い方もあり、この場合、「可愛く見える」「奇異に見える」といった意味となります。

「写る」とは?

「写る」とは?

「写る」とは、写真に姿や形が現れることを意味します。

そのものの姿のまま「写る」ことを意味し、また、「写る」には、下にある文字や絵が紙などを通し透けて見えるといった意味もあります。

このような意味から「写る」「写」を用いた言葉には、「写真」「試写」「複写」「写生」など、どれも「写る」言雄意味する言葉がたくさんあります。

「写る」の使い方

「写る」は、主に「写真に写る」といった使い方となり、そのほか、「透けて写る」「文字に写る」などといった使い方となります。

「映る」と「写る」の違い

「映る」と「写る」の違い

「映る」は、姿形などが反射や投影によって、他のものの上に現れることを意味し、この場合、途中で編集などが加えられることもあります。

それに対し、「写る」は、写真に姿や形が現れることを意味し、そのままの状態で「写る」ことを意味します。

そのため、「写る」には一切の編集などはなく、そのままの状態となります。

「映る」の例文

「映る」の例文

・『娘が女優デビューし初めてテレビ画面に映る娘を見たときは、涙が止まりませんでした。』

・『やはり、大きな画面に映る試合は、迫力があります。』

・『自分の制服姿が映る鏡を初めて見たときは、少し照れ臭かったことを覚えています。』

・『子供の姿が、とても楽しそうに私の目には映っています。』

「写る」の例文

「写る」の例文

・『証明写真に写る自分の顔をどうしても好きになることができません。』

・『文字が下に写らないように何かを挟んでから書いてください。』

・『子供の成長記録を写真に写して保管しています。』

・『私は写真に写るのが苦手で、いつも、撮影する側に回ってしまいます。』

まとめ

まとめ

「映る」「写る」は、簡単に言えば、編集などが加えられる場合があるのが「映る」

そっくりそのままなのが「写る」

この点が大きなポイントとなり、そのうえで、どこにどのように「うつる」のかを考えることで的確に使い分けることができる言葉です。