ゴルフの「イン」と「アウト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イン」と「アウト」の違い スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴルフで「インスタート」「アウトスタート」という言葉があります。

一体何が違うのか、それぞれの意味と理由についても紹介します。

「イン」と「アウト」の違い

「イン」と「アウト」の違い

ゴルフで「イン」「アウト」の違いについて紹介します。

「イン」とは

正式なゴルフコースは18ホール回ります。

これを2分割しているのですが「10番ホールから18番ホールまで」「インの9ホール」、または略して「イン」と言います。

従って、「インスタート」とは、「10番ホールからプレイを始めること」です。

「アウト」とは

ゴルフのコースで「1番ホールから9番ホールまで」「アウトの9ホール」、または略して「アウト」と言います。

「アウトスタート」「1番ホールからプレイを始めること」です。

「インスタート」と「アウトスタート」ができる理由

「インスタート」と「アウトスタート」ができる理由

ゴルフの「インスタート」「アウトスタート」は、ゴルフ発祥の地である「スコットランド・セントアンドリュースゴルフ場」の形状から来ています。

セントアンドリュースは、クラブハウスから見て最初の9ホールは次第に遠ざかっていく設計でした。

後半の10番から18番までの9ホールは、クラブハウスへ戻ってくる様になっていたのです。

その為に、最初の9ホールを“going out”(出かける)、後半の9ホールを“coming in”(帰っくる)と呼んでいました。

日本のゴルフ場では多くの組数をさばく為に、「イン」「アウト」どちらかからスタートする様になっています。

その為に「インスタート」「アウトスタート」ができるのです。

まとめ

まとめ

「インスタート」「アウトスタート」は、ゴルフ場の回り方の表現です。

自分が回り易いと思う方を選びましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物