スポンサーリンク

「ブルドッグ」と「パグ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブルドッグ」と「パグ」の違い動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ブルドッグ」「パグ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ブルドッグ」とは?

「ブルドッグ」とは?

「ブルドッグ」は、顔の表面の皮が垂れ下がっている犬種でこれは「ブルドッグ」が犬同士を戦わせることで顔の皮膚に傷がついても「ブルドッグ」自体に傷からの化膿によるダメージを少なくするよう変異させたのが、「ブルドッグ」です。

「パグ」とは?

「パグ」とは?

「パグ」は、一見すると「ブルドッグ」と同じように見えますが、顔の皮膚が垂れ下がるという変異が見られません。

また、「パグ」は大型にはならず、体重も8キロ程度までと小型です。

「ブルドッグ」と「パグ」の違い

「ブルドッグ」と「パグ」の違い

「ブルドッグ」「パグ」の違いは、愛玩犬と闘犬だったという違いがあります。

「ブルドッグ」は、元は牛と戦わせ、次に犬同士と戦わせるという闘犬でしたが、「パグ」はアジアから輸出という形でヨーロッパの王室で可愛がられた愛玩犬だったという歴史があり、歴史から見た場合、「闘犬」「愛玩犬」という違いがあります。

「ブルドッグ」の例文

「ブルドッグ」の例文

・『フレンチブルドッグ筋肉質で紳士』
この例は、「フレンチブルドッグ」の性格と特性を説明した例です。

「フレンチブルドッグ」は、筋肉質で、これは闘犬だった名残で筋肉が付きやすいです。

その上で、性格は意外にも温厚で危害を加える物が存在しない限り立ち向かうことはありません。

その為、「フレンチブルドッグ」は筋肉質な紳士だと言われています。

「パグ」の例文

「パグ」の例文

・『パグは愛らしさ重視の小型犬』
この例は、「パグ」という犬種は、愛らしさ重視で小型犬であるという例です。

「パグ」は分類としては、小型犬で、よほど甘やかして餌を挙げない限り8キロ程度の重さで小型です。

逆に「ブルドッグ」は、体が大きく体重も40キロと重くなりこれは「ブルドッグ」の体を構成するものが筋肉になるが故、「パグ」と同じ大きさだったとしても、「ブルドッグ」の方が重い体重になるのは筋肉量が異なるため重くなります。

まとめ

まとめ

「ブルドッグ」「パグ」の違いについては、生まれた歴史が異なり、「ブルドッグ」はイギリス生まれの闘犬で戦うために存在価値を見出された犬種です。

一方「パグ」はアジアから連れてきた犬種で可愛い外見ということで愛玩犬としての価値を見出されヨーロッパ中で繁殖し数を増やした犬種で元々はアジアの犬種ですが、ヨーロッパの王室に入り、愛玩犬となった歴史があります。

身体的特徴は、「ブルドッグ」は筋肉質ですが、「パグ」は筋肉質ではなく、皮下脂肪が垂れ下がってますが、顔を守るための皮下脂肪はありません。

「ブルドッグ」は顔にのみ皮下脂肪があり、これは顔を守るために存在しており、逆に体は、皮下脂肪のような物は無くむしろマッチョです。

その上で両者の犬種の性格においては共通点があり、両者とも温厚でよほどのことがない限り他者を傷つけることはありません。

無論、人を襲う要訓練をした場合は両者ともに襲い掛かり、「ブルドッグ」の方が攻撃性が強く見られますが訓練しない限り人を襲うことは稀です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物