スポンサーリンク

「化粧水」と「美容液」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「化粧水」と「美容液」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「化粧水」「美容液」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「化粧水」とは?

「化粧水」とは?

「化粧水」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「化粧水」「けしょうすい」と読みます。

「化粧水」は、「ほぼ水で作られており、肌の調子を整える成分が入っている液体」と言うことができます。

さらさらとした手触りの物が多く、べたつきはほとんどありません。

朝の洗顔や、夜のメイク落としの後、洗顔後などに使用します。

皮膚表面の汚れなどを取り除いた後で「化粧水」を塗布し、元の状態に近づける効果が期待できます。

「化粧水」を塗布することで、まず水分を補うことができます。

洗顔をするとすぐに乾燥が始まりますが、「化粧水」には保湿成分が含まれているため、肌に水分が浸透し潤いが出ます。

水分が浸透することにより、肌がやわらかくなり、きめが整います。

また、「化粧水」によって、酷い乾燥に対応するもの、日焼けによるダメージなどに有効な成分を含まれているものがあるため、用途別に「化粧水」を使いわけることもできます。

「美容液」とは?

「美容液」とは?

「美容液」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「美容液」「びようえき」と読みます。

「美容液」は、「肌に必要な成分を与える液体」と言うことができます。

水以外の成分が多いため、ドロドロとしているものが多くなります。

「美容液」にはまず、保湿成分が配合されています。

「化粧水」に含まれるものよりもさらに多量の保湿成分が含まれています。

さらに「美肌」を目指すのに必要な成分が含まれています。

例えば白い肌を目指すもの、たるみを取るもの、しわを取る効果が期待される成分などが配合されています。

人によって、美白の肌を目指したい人、しわが目立つため、取りたい人など肌に求めるものが違いますが、その希望に沿った「美容液」を選び使うことができます。

「化粧水」と「美容液」の違い

「化粧水」と「美容液」の違い

「化粧水」「美容液」の違いを、分かりやすく解説します。

「化粧水」は、「ほぼ水で作られており、肌の調子を整える成分が入っている液体」と言うことができます。

一方の、「美容液」は、「肌に必要な成分を与える液体」と言うことができます。

「化粧水」は洗顔などにより失われた水分を補給して、フラットな状態に戻すものなのに対して、「美容液」は、肌に必要な成分を与える役割があります。

一般的に「化粧水」を塗布した後で、「美容液」を塗布し、保湿効果や美白効果、またアンチエイジング効果などを狙っていくことになります。

まとめ

まとめ

「化粧水」「美容液」の違いについて見てきました。

「化粧水」は肌を洗顔前の状態に戻す効果があり、「美容液」はさらに保湿や美白、アンチエイジングを目指す効果があることが分かりました。

「化粧水」「美容液」の違いを知り、自分の肌質に遇ったものを選び、使い分けてみてはいかがでしょうか。