スポンサーリンク

「観察力」と「洞察力」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「観察力」と「洞察力」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「観察力」「洞察力」は似ているように思われがちですが、明らかな違いがあります。

この記事では、「観察力」「洞察力」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「観察力」とは?

「観察力」とは?

「観察力」(かんさつりょく)は、漢字の表すごとく「観察する力」のことです。

では「観察」の意味は何なのでしょうか。

「虫の観察」「観察日記」「経過観察」など「観察」という言葉はしばしば耳にします。

「観察」の意味は「物事の様子を客観的にそして注意深く見ること」です。

つまり「観察力」「物事の様子を客観的に注意深く見る力(能力)」となります。

この「観察力」という能力は、持っていて損をしない能力です。

しかし「観察力」が欠けていると、勉強や仕事、そして他人とのコミュニュケーションで苦労することもあります。

「観察力」と同じような意味を持つ言葉に「観察眼」がありますが、「観察眼」の方が「観察力」よりも観察する能力が上、すなわち観察力がより優れている時に使います。

「洞察力」とは?

「洞察力」とは?

「洞察力」(どうさつりょく)は漢字の表すごとく「洞察する力」のことです。

では「洞察」の意味は何なのでしょうか。

「洞察」の意味は「物事を観察してその本質を見抜くこと」です。

つまり「洞察力」は物事の様子を観察して本質を見抜く力(能力)」になります。

「洞察力」には同じような意味を持つ表現がいくつかあります。

「見通す」「見抜く」「見透かす」などがその一例になります。

「洞察力」がある人は、他の人が気づかない物事の本質に気づくのが可能です。

このような人たちはしばし周囲から「洞察力が鋭い」などと言われます。

しかし人によっては「あの人は洞察力が鋭くで」などと言われることもあります。

確かに洞察力のある人の前では、表明的なつくろい通じないので、手ごわい相手と思われることもあります。

「観察力」と「洞察力」の違い

「観察力」と「洞察力」の違い

「観察力」「洞察力」の違いを、分かりやすく解説します。

「観察力」「洞察力」は同じようなニュアンスとして使用している人もいます。

しかし「観察力」が物事の表面を客観的に見る能力であるのに対し、「洞察力」の方は、それよりさらに一歩進んで物事の本質や隠されている部分を見抜く能力になります。

また観察力があっても洞察力に欠ける人は存在しても、「洞察力があって観察力に欠ける人」は滅多にいないはずです。

というのも「洞察力」には「観察力」が必要だからです。

「洞察力」がある人は最初にしっかりと物事を観察して、そこから洞察する作業に取り掛かるかかることで、物事の本質を見抜きます。

まとめ

まとめ

「観察力」「洞察力」も、身につけていれば色々な場面で役に立ちます。

特に近年ではインターネットの普及で様々な情報が交差しています。

しかしそれらの中には、正しくない情報や危険な情報もあります。

目にしたものをそのまますぐに信用するのではなく、「観察力」「洞察力」を使って、それらの情報を「有益なもの」「無益もしくは有害なもの」と区別するのも可能です。