スポンサーリンク

「ツアーコンダクター」と「ツアーガイド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ツアーコンダクター」と「ツアーガイド」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんは「ツアーコンダクター」「ツアーガイド」がどのような仕事かご存知でしょうか?そこでこの記事では、の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ツアーコンダクター」とは?

「ツアーコンダクター」「団体旅行の旅行者に同行してスケジュール通りの旅行ができることや旅行者が快適な旅ができるようなことをする人のこと」を指しています。

「旅程管理主任者」「添乗員」とも呼ばれており、日本国内・海外まで対象に仕事をするのです。

「ツアーガイド」とは?

「ツアーガイド」「ツアー参加者に対して観光先の歴史・文化・生活習慣などを情報を伝えて案内する仕事をする人」を意味しています。

「ツアーコンダクター」と「ツアーガイド」の違い

では、ここで「ツアーコンダクター」「ツアーガイド」の違いを説明していきましょう。

どのような違いがあるのでしょうか?「ツアーコンダクター」は主に添乗業務を行うのですが、「ツアーガイド」は旅先のガイド業務を行うことが仕事となっています。

この他にバス車内や観光地での解説から案内まで交通機関 に誘導することを対応しているのです。

特に「ツアーコンダクター」は、デスクワークも行い、出発前の目的地の下調べ・関係者との打ち合わせ・参加者確認・連絡や帰国後の精算・レポート作成などをこなさなければなりません。

そして、添乗業務で担当ツアー責任者として、参加者の集合・出発・解散まで参加者といっしょに行動するのです。

一方の「ツアーガイド」は現地の文化・歴史・生活習慣を参加者に対して理解を深めてもらうように情報を伝えて案内しています。

「ツアーコンダクター」の例文

では、ここで「ツアーコンダクター」の例文を見ていきましょう。

どのようなものがあるでしょうか?
・『ツアーコンダクターの仕事をやって10年になるけど、今年は海外旅行の回数が激減して国内中心の添乗が多かったですね』
・『僕の友人にツアーコンダクターをやっている人がるので、おすすめの新婚旅行プランを提案してもらうか?』
「ツアーコンダクター」の仕事は海外に添乗するケースもかなり多いですが、社会的な情勢によって添乗する機会が少ないこともあります。

「ツアーガイド」の例文

続いて「ツアーガイド」の例文を見ていきましょう。

具体的には以下のようなものが挙げられます。

・『就学旅行でお世話になったツアーガイドさんの説明がすごく分かりやすかったから、歴史のすごく興味がわいてきたんだ』
・『あのツアーガイドの人って新人さんなのかな。色々と説明してくれたんだけど、あんまりよく理解できなかったんだ』
「ツアーガイド」は観光先の歴史や文化などの情報を解説してくれるのも仕事の1つですが、それをきっかけに観光先の歴史に興味を持つこともあります。

まとめ

ここまで「ツアーコンダクター」「ツアーガイド」の意味や違いを説明してきました。

この2つの仕事は私たちが旅行する時に大変お世話になることがありますが、仕事のクオリティの良し悪しで旅の思い出が大きく変わってきます。

それだけ重要な職種と言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物