スポンサーリンク

「歯科技工士」と「歯科医師」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「歯科技工士」と「歯科医師」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

歯の健康にかかわる医者は『歯医者』という言葉だけでは片づけられません。

実はとても多くの技術者が存在して成り立っているのです。

この記事では「歯科技工士」「歯科医師」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「歯科技工士」とは

「歯科技工士」とは

まず、この言葉は『歯科医師の指示や依頼のもとに歯に関わる製品を作製したり加工を行う専門職』のことを指します。

一般的には『差し歯』などと言われる『義歯』や『歯冠』などを作ります。

最近では銀歯や金歯以外にも割れにくく丈夫で自然な色をした歯に近いセラミックの歯やクラウン(歯冠)や歯茎に直接に人口の歯を埋め込む『インプラント』という技術もあり、とてもニーズが高い専門職です。

国家資格として定められている医療技術専門職で、英語では『Dental Technician』と呼ばれています。

「歯科医師」とは

「歯科医師」とは

さて『歯科医師』ですが、これは皆さんのイメージの通り『歯科に関わる内容を専門とする医師で、歯科医師法の適用を受けて歯の治療にあたる』という医療従事者のことを指します。

一般的に『歯医者』というとこの『歯科医師』のことをいいます。

歯科医師国家試験を受ける必要のある医師資格を持っている専門医でもあります。

『歯科医師』というとイメージは歯に関わる部分だけに思われがちですが、口の中というのはご存じの通り歯以外の器官も存在するとても複雑な部位です。

面白いのは他の医師とも連携して治療や手術を行うこともあり、例えば、『咬合』に関わる治療を行う場合は『歯科医師』でなければならず、その他の医師が行った場合はなんと歯科医師法違反になるというとても厳密なルールが存在しています。

それ以外にも口腔がんや舌がんなどの治療や手術に関しても他の分野の医師と連携するなど以外にも守備範囲はとても広いことはあまり知られていない事実です。

「歯科技工士」と「歯科医師」の違い

「歯科技工士」と「歯科医師」の違い

この二つは『歯科医師にの指示に沿って歯に関わる部品を作製する仕事』か『歯科全般に関わる診断や治療を行う仕事』ではっきりと分けることができます。

『専門技術職』か『医療従事者』という分け方もできるのではないでしょうか。

海外では歯科の分野も細かく分かれており、口腔外科や小児歯科専門、矯正専門など様々な分野のエキスパートが存在しています。

最近では日本でもこの考えが広まっており、各分野で歯科医師のネットワークを使いながら紹介しあったり、場合によっては現地に来てもらったりなどして治療をするというケースも増えています。

また、『歯科技工士』も昨今の歯に対する美意識の向上からニーズがとても上がっている専門職でもあります。

一昔前は歯科技工所での就職が一般的でしたが、最近では迅速な対応を求められる為、患者により近い歯科医院に就職したり、材料メーカに勤めたりなど幅がとても広がっています。

まとめ

まとめ

如何でしたでしょうか。

一般的な『歯医者』でもある『歯科医師』以外にも我々の歯の欠損や美しさを保つ支えをしてくれる『歯科技工士』が実は存在するのは意外ではないでしょうか。

その他『歯科衛生士』という医療職も存在しています。

この機会に是非それぞれの職業の違いを比べてみて、身近な歯に関わる知識を深めてみることをお勧めします。