スポンサーリンク

「社会福祉士」と「精神保健福祉士」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「社会福祉士」と「精神保健福祉士」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「社会福祉士」「精神保健福祉士」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「社会福祉士」とは?

「社会福祉士」とは?

社会福祉士とは、しゃかいふくししという読み方をすべき言葉です。

漢字で書かれたこの言葉を目にすれば一目瞭然な事ですが、生活困窮者や身寄りがない老人、身体障害者といった社会的弱者に対する保護や援助といった意味の社会福祉の漢字に、特別な資格や技術を身につけた人を意味する士の漢字を組み合わせる事で完成した言葉となっています。

だからこそ社会福祉士は、生活困窮者や障害がある人、身寄りがない老人といった様々な理由で日常生活に支障が出ている人への支援を行う職種を表すのです。

「社会福祉士」の使い方

社会福祉士は、様々な理由で社会的弱者になってしまった人の支援やサポートを行う仕事を意味する言葉として使われています。

この職業に就くためには、社会福祉士国家試験に合格して登録する必要があるため、この国家資格という意味でも社会福祉士という言葉が使われたりするのです。

働く場所としては、福祉事務所や児童相談所、学校に高齢者福祉施設等様々あります。

要するに社会福祉士の国家資格を取得し、その専門知識や技術を駆使して仕事をしている人に対し、この社会福祉士という言葉が使われいるのです。

「精神保健福祉士」とは?

「精神保健福祉士」とは?

精神保健福祉士は、せいしんほけんふくししという読み方をする言葉となっています。

文字で表記されたこの言葉を見れば分かる事ですが、心の健康や精神面の健康といった意味を持っている精神保健の文字に、幸福や生活の安定や充足を意味する福祉の文字を加え、資格や技術がある人といった意味を有する士の文字を足す事で成立した言葉です。

そのため精神保健福祉士は、心の病を持つ人や精神に障害がある人の社会復帰や日常への適応をサポートする職種を示す言葉となっています。

「精神保健福祉士」の使い方

精神保健福祉士は、心や精神面に問題を抱えている人が、社会生活を営める様に相談に乗ったり、手助けする職種を表す言葉として用いられているのです。

ただしこの職種に就くには精神保健福祉士の国家資格が必要であるため、この国家資格表現する言葉としても、使われていたりします。

「社会福祉士」と「精神保健福祉士」の違い

「社会福祉士」と「精神保健福祉士」の違い

社会福祉士と精神保健福祉士の文字を見比べれば、社会と精神保健という明らかな言葉の違いを発見する事が可能です。

ですが福祉士と同じ漢字も使われており、どちらも困っている人をサポートする職種を表すので、使い分けの際に迷ってしまう恐れのある言葉同士と言えます。

もっとも社会福祉士は、身寄りのない老人や障害者、生活困窮者といった社会的弱者の支援を行う職種を意味する言葉です。

一方の精神保健福祉士は、心を病んでいたり精神面で障害がある人が社会復帰するためや日常生活を送れる様に、サポートする職種を示す言葉となっています。

まとめ

まとめ

2つの言葉はどちらも、福祉士という同じ文字が使用され、更にどちらかも何らかの事情を持つ人を手助けする職種、という意味合いを持つ言葉です。

ただし社会と精神保健という明確な言葉の違いがある事から、表現する意味合いにも違いが生じています。

まず社会福祉士は、生活困窮者や身寄りのない老人といった社会的弱者の相談に乗ったりサポートを行う職種に用いる言葉です。

対する精神保健福祉士の方は、精神面の障害や心の病気を抱えている人が社会復帰したり、日常生活を送れる様に手助けする職種を表す際に、使用される言葉となります。