スポンサーリンク

「小選挙区制」と「比例代表制」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「小選挙区制」と「比例代表制」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「小選挙区制」「比例代表制」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「小選挙区制」とは?

「小選挙区制」とは?

「小選挙区制」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「小選挙区制」「しょうせんきょく」と読みます。

「小選挙区制」は、「一つの選挙区から議員を一人選出する選挙制度」を指します。

日本では1994年から採用されています。

それ以前の日本では、「中選挙区制」が採用されていて、一つの選挙区から2名から5名の当選者が出ていました。

「小選挙区」にすると、一つの選挙区から一人しか選ばれないため、小さな政党が当選するのが難しくなります。

そのため、二大政党制が進みやすいと考えられています。

また、選挙区自体が狭くなるため、立候補者の知名度を上げやすく、選挙費用が少なく済むとも言われています。

ただし、当選者が一人しか出ないため、「死票」が多くなるという弊害もあります。

また無所属の新人が当選しにくいというデメリットもあります。

日本では、「小選挙区制」に加えて「比例代表制」を並立して行い、小さな政党にも議席を与え、死票を少なくするような工夫をされています。

「比例代表制」とは?

「比例代表制」とは?

「比例代表制」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「比例代表制」「ひれいだいひょうせい」と読みます。

「比例代表制」は、「各党派の得票数に比例した数の議員が選出される選挙」となります。

日本では、1982年から導入されています。

現在「比例代表制」は、「小選挙区制」の選挙と並立して行われています。

「小選挙区制」における投票とは別に、「比例代表制」の投票を行います。

政党に対して投票し、集まった票数に応じて、当選者が決まります。

こうすることにより、小さな政党からも議席を出すことができ、「小選挙区制」における投票で「死票」となった人の意見が、反映されるというメリットがあります。

「小選挙区制」と「比例代表制」の違い

「小選挙区制」と「比例代表制」の違い

「小選挙区制」「比例代表制」の違いを、分かりやすく解説します。

「小選挙区制」は、「一つの選挙区から議員を一人選出する選挙制度」という意味があります。

一方の「比例代表制」は、「各党派の得票数に比例した数の議員が選出される選挙」となります。

「小選挙区制」は、全国を細かい選挙区に区切り、その中で一人の当選者を決める制度なのに対して、「比例代表制」は、選挙区を区切らず、投票数に応じて議席を得る制度となっています。

現在の日本では、「小選挙区比例代表制」によって選挙が行われているため、混同しがちになりますが、「小選挙区制」の投票と、「比例代表制」の投票は別にされており、まるで違う選挙制度になっています。

まとめ

まとめ

「小選挙区制」「比例代表制」の違いについて見てきました。

2つの言葉は混同されやすい傾向がありますが、まるで違う選挙制度についての言葉となります。

2つの言葉の違いを知り、使い分けることができるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物