スポンサーリンク

「半同棲」と「お泊り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「半同棲」と「お泊り」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「半同棲」「お泊り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「半同棲」とは?

「半同棲」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「半同棲」「はんどうせい」と読みます。

「半同棲」は、「週の半分程度、もしくは週末などに必ず付き合っている人の家で過ごすこと」を意味する言葉になります。

同じ家に恋人同士の様子を「同棲」と言いますが、「半同棲」は、住所が同じではなく、それぞれの家を持つという違いがあります。

例えば、彼氏が一人暮らしをしていて、彼女が実家暮らしをしており、彼女の住所は実家にありますが、ほとんど、彼氏の家で暮らし、彼氏の家から会社に行くような状態になっている場合は「半同棲」と呼ぶことができます。

彼氏の家に遊びに行く機会が多く、気が付いたら、ほとんど彼氏の家で暮らしているようなとき、「気が付いたら半同棲している」などと呟くかもしれません。

他にも、「住所を移して、いっそのこと半同棲から同性にシフトしようかな」などという文章を作ることができます。

「お泊り」とは?

「お泊り」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「お泊り」「おとまり」と読みます。

「お泊り」は、「恋人の家に泊まりに行くこと。

泊まること」
という意味があります。

恋人以外の家に泊まりに行くときも、「お泊り」と言うことがありますが、基本的に恋人の家に、一泊か二泊程度することを、「お泊り」と言います。

週末に彼氏の家で二人だけで過ごしたいと思うとき、「週末は彼氏の家にお泊りに行きたい」などと言います。

また、自分の家ではないため、歯ブラシや着替え、洗顔セットなどが必要になります。

このような道具を「お泊りセット」などと呼び、「彼氏の家にお泊りするから、お泊りセットを持っていく」などと言うことがあります。

デートをしていて、夜が遅くなった時、自分の家に泊まっていけばという意味で、「今日はお泊りしなよ」などと恋人に言うことがあるかもしれません。

「半同棲」と「お泊り」の違い

「半同棲」「お泊り」の違いを、分かりやすく解説します。

「半同棲」は、「週の半分程度、もしくは週末などに必ず付き合っている人の家で過ごすこと」を意味する言葉になります。

一方の「お泊り」は、「恋人の家に泊まりに行くこと。

泊まること」
という意味があります。

「半同棲」「お泊り」の違いは、宿泊する日数や頻度によります。

たまに1泊か2泊する程度の場合は「お泊り」となり、自分の家にいるよりも、恋人の家で過ごす時間の方が長いような場合は「半同棲」と呼びます。

ちなみに、恋人と同じ住所の家に住む場合は「同棲」となります。

このように「半同棲」「お泊り」は、宿泊する日数や頻度に違いがあります。

まとめ

「半同棲」「お泊り」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、宿泊する日数などの違いがありました。

違いを知ることで2つの言葉を混同せずに済むようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物