スポンサーリンク

「利息」と「利金」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「利息」と「利金」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「利息」「利金」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「利息」とは?

「利息」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「利息」「りそく」と読みます。

「利息」は、「金銭などの使用の対価として、金額と期間とに比例し、一定の割合で支払われる金銭」という意味があります。

多くの場合、お金の貸し借りに関する場面で使われる言葉になります。

お金が必要な人が、銀行やカード会社など金融機関にお金を借りる時、生じる利用料を「利息」と呼ぶことが多くなります。

例えば、10万円のお金を借りたときに、返済するときに11万円支払うような約束を結ぶかもしれません。

この時、差額の1万円が「利息」となり、金融機関の儲けとなります。

このように「利息」は金融機関など貸し手が使う言葉になり、貸し手が融資額に追加する形で、受け取るお金を意味します。

まあ「利息」には「単利(たんり)」「複利(ふくり)」があり、「単利」は借りているお金だけをもとに利息を算出する仕組みなのに対して、「複利」は借りているお金とその時点の利息を合計した金額をもとにして、「利息」を算出するため、「複利」の方が「利息」が増えやすいという特徴があります。

「利金」とは?

「利金」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「利金」「りきん」と読みます。

「利金」「利息の金銭、利息、利子」という意味があります。

「利息」と同じ意味を持ち、金銭などの仕様の対価として、支払われるお金のことを意味します。

一方で「利金」には「利益の金銭。

儲けたお金」
という意味があります。

商売などをして儲けたお金のことを「利金」とい呼ぶことがあります。

一方で金融取引の世界では、「利金」は、「賃借したお金に対して、ある一定利率で支払われる対価」という意味があり、「利息」「利子」と同じ意味で使われることが多くなっています。

「利息」と「利金」の違い

「利息」「利金」の違いを、分かりやすく解説します。

「利息」は、「金銭などの使用の対価として、金額と期間とに比例し、一定の割合で支払われる金銭」という意味があります。

「利金」にも「利息の金銭、利息、利子」という意味があり、金融取引の世界でも「利息」「利金」は同じような意味で使われています。

このように「利息」「利金」はとても似た意味を持つ言葉になります。

ただし、「利息」はお金を貸している側から見た言葉なのに対して、「利金」「利子」という意味もあるため、お金を借りている側でも使うことがあります。

また「利金」には「利益の金銭。

儲けたお金」
という意味があり、「利息」にはない意味も含まれているという違いがあります。

まとめ

「利息」「利金」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、大きな意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物