スポンサーリンク

「本音」と「本性」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「本音」と「本性」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「本音」「本性」の違いを分かりやすく説明していきます。

似た雰囲気を持つ2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「本音」とは?

「本音」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「本音」「ほんね」と読みます。

「本音」「本当の音色」という意味があります。

ピアノの調律をした後で、演奏をしたとき、「これがこのピアノの本音だ」などという文章を作ることができます。

次に「本音」には「本心から言う言葉」という意味があります。

一般的には、「本音」はこの意味で使われています。

建前ではなく、本心から何かを言った時、その言葉を「本音」と呼びます。

例えば、会議の席で、建前ではなく、参加者に本心から発言してほしいと願うとき、「会議では、本音で意見を言ってください」などと言います。

また、登山をしている時、最初は楽しいと言っていた人が、疲労が濃くなく「帰りたい」と言った場合、それがその人の本心だと感じられるため、「ようやく本心が出た」などと言われるかもしれません。

「本性」とは?

「本性」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「本性」「ほんしょう」と読みます。

「本性」「本来持っている性質。

生まれながらの性質」
という意味があります。

付き合いたてのカップルは、どこかよそ行きの態度で、相手に好かれることを第一に考えています。

しかし、しばらく時間が過ぎると、本来持っている性質が表に出ます。

そこで「付き合ってしばらくして、ようやく恋人が本性を見せた」などという文章を作ることができます。

また、いつもニコニコしている人が、怒った時に以上に怖い場合、こちらが本来の性質かもしれないと感じるのではないでしょうか。

このような場合は、「こちらが本性だから、怒らせないようにしよう」などと表現することができます。

次に「本性」には「本心。

または正気」
という意味があります。

例えば、泥酔してしまうと正気を失ってしまいます。

このような場面では「酔いすぎて、本性を失った」などという文章を作ることができます。

「本音」と「本性」の違い

「本音」「本性」の違いを、分かりやすく解説します。

「本音」には「本心から言う言葉」という意味があります。

次に「本性」「本来持っている性質。

生まれながらの性質」
という意味があります。

例えば「本音が出る」という場合は、本心が言葉になることを示唆します。

一方で「本性が出る」という場合は、本来持っている性質が態度などに出ることを示唆します。

このように、「本音」「本性」には、「本心」「本来の性質」という明確な意味の違いがあります。

まとめ

「本音」「本性」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、「本心」「本来の性質」という明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、今後は混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物