スポンサーリンク

「繁忙期」と「全盛期」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「繁忙期」と「全盛期」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスで「繁忙期」「閑散期」という言葉があります。

この2つの言葉はどの様な違いがあるのか、それぞれの意味や使い方なども併せて紹介します。

スポンサーリンク

「繁忙期」とは?

「繁忙期」とは?

「繁忙期」の意味と使い方について紹介します。

意味

「繁忙期」「はんぼうき」と読み、「仕事が多く業務が忙しい時期のこと」という意味です。

「繁忙」「用事が多くて忙しいこと」という意味で、季節的な変化やイベントなどにより、取引が増えて忙しくなることを言います。

使い方

「繁忙期」は、1日のうちで混雑する時間帯のことではなく、1年のうちで取引が増えて忙しくなる期間に使われます。

「繁忙期」は様々なビジネスにあり、1年に1度とは限りません。

例えば旅行会社ならばGWや夏休み、冬休みなど、複数の「繁忙期」があるのです。

「閑散期」とは?

「閑散期」とは?

「閑散期」の意味と使い方について紹介します。

意味

「閑散期」「かんさんき」と読み、「仕事が少なく暇な時期のこと」という意味です。

「閑散」とは「ひっそりと静まり返っていること」「仕事がなくて暇なこと」「取引が少ないこと」という意味があります。

お客がさっぱり来ない、品物が売れないなど、企業にとっては収益が減る時期になります。

使い方

「閑散期」も多くの企業にありますが、日本で代表的なのはお盆の時期のメーカーです。

お盆休みには工場が休止するので、ほとんどの企業が暇になります。

冬場のビーチや夏場のスキー場などは「閑散期」の為に閉鎖するところもあります。

「繁忙期」と「閑散期」の違い!

「繁忙期」と「閑散期」の違い!

「繁忙期」「仕事が多くて忙しい時期のこと」です。

「閑散期」「仕事が少なくて暇な時期のこと」です。

この2つは対義語として使われています。

まとめ

まとめ

「繁忙期」「閑散期」は反対の意味になります。

ビジネスで良く使いますので、意味を覚えておきましょう。