「勇気」と「無謀」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勇気」と「無謀」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「勇気」「無謀」は類似した意味合いをイメージさせる混同しやすい言葉ですが、「勇気」「無謀」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「勇気」「無謀」の意味の違いを分かりやすく説明していきます。

「勇気」とは?

「勇気」という表現は、「困難・危険(リスク)を恐れずに挑戦する勇ましい心・意気」を意味しています。

「勇気」というのは、「臆病な気持ち(恐怖心・不安感)を乗り越えて、挑もうとする勇ましい心・勇敢な意気込み」のことを意味している言葉です。

「無謀」とは?

「無謀」という表現は、「結果(後先)をよく考えずに無茶な行動をすること」「成功する可能性がほぼないのに、がむしゃらに進んでいくさま」を意味しています。

「無謀」という言葉には、「結果が駄目な可能性が高いのに無鉄砲に突き進んでいくこと」「物事・結果について深く考えずに無茶をするさま」といった意味合いがあります。

「勇気」と「無謀」の違い!

「勇気」「無謀」の意味の違いを、分かりやすく説明していきます。

「勇気」という言葉は、「困難・危険・死ぬこと(傷つくこと)を恐れずに挑んでいく勇ましい心・意気込み」を意味しています。

それに対して、「無謀」という表現は「結果について深く考えずに無茶(無鉄砲)な行動をすること」を意味しているという違いがあります。

「無謀」という言葉には「成功する可能性がほとんどない」というネガティブな意味のニュアンスがありますが、「勇気」という言葉には「やってみなくては分からない・恐れずに進めば良い結果が出そう」というポジティブな意味のニュアンスがあるのです。

まとめ

「勇気」「無謀」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「勇気」というのは、「困難・危険(リスク)を恐れない勇ましい心・気概」を意味しています。

それに対して、「無謀」というのは「後先を考えずに無茶な行動をすること」「成功の可能性がほぼないのに突き進んでいくさま」を意味している言葉です。

「勇気」「無謀」の意味の違いを詳しく知りたい時には、この記事の内容を確認してみてください。