スポンサーリンク

「辺地」と「僻地」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「辺地」と「僻地」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「辺地」「僻地」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「辺地」とは?

「辺地」とは?

「辺地」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「辺地」「へんち」と読みます。

「辺地」「都会から離れた土地」という意味があります。

日本にも、いくつかの都会が点在していますが、このような都会から遠く離れた地域のことを「辺地」と呼ぶことができます。

例えば、小さな島で暮らしている人は、都会から離れた土地に暮らしていると言えるでしょう。

このような場合は、「この島は辺地なので、都会にあるような建物や商店がない」などと言うことができます。

一方で、都会から離れた土地であるため、自然豊かで暮らしやすいということもあるのではないでしょうか。

このような場合は、「辺地暮らしは、自然豊かで快適だ」などという文章を作ることができます。

さらに、娘が都会から離れた土地に住む男性と結婚することが決まったため、なかなか会えなくなると心配する場合、「娘が結婚を機に、辺地で暮らし始めるため、なかなか会えなくなり、心配だ」などという文章を作ることができます。

「僻地」とは?

「僻地」とは?

「僻地」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「僻地」「へきち」と読みます。

「僻地」「都会から遠く離れた土地。

辺鄙な土地」
という意味があります。

「辺鄙」には「都会から離れていて不便なこと」という意味があります。

都会から遠く離れた土地や、不便な土地に対して「僻地」という言葉を使うことができます。

自分がとても都会から遠く離れた不便な土地で育ったと自己紹介などで言う場合、「私はとんでもない僻地で育ちました」などと自虐的に話すかもしれません。

また、都会から遠く離れた不便な土地には、医師が不在で、その土地の人の健康が守られにくいかもしれません。

このようなことを考えて、出向いていく医師の姿は、「僻地の人々の健康を守りたいと思う医師」などと言い表すことができます。

「辺地」と「僻地」の違い

「辺地」と「僻地」の違い

「辺地」「僻地」の違いを、分かりやすく解説します。

「辺地」「都会から離れた土地」という意味があります。

一方で、「辺鄙」には「都会から離れていて不便なこと」という意味があります。

どちらも、都会から遠く離れた土地についての言葉となり、意味が同じ同義語と考えることができます。

ただし、「辺地」は単に都会から離れた土地を意味するのに対して、「僻地」は、都会から遠く離れた土地に住む人々が、自分たちの土地の不便さなどを自嘲気味に話す、謙譲語の意味があるという違いがあります。

「辺地」に住む人は、自分たちの住む場所を「僻地」と呼び、第三者は、「辺地」と呼ぶようにするといいのではないでしょうか。

まとめ

まとめ

「辺地」「僻地」の違いについて見てきました。

2つの言葉には微妙な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。