スポンサーリンク

「ヒューマンスキル」と「ビジネススキル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヒューマンスキル」と「ビジネススキル」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ヒューマンスキル」「ビジネススキル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ヒューマンスキル」とは?

「ヒューマンスキル」とは?

「ヒューマンスキル」とは人間関係の構築に活かすことのできる能力や技術を指す言葉です。

人と会話するコミュニケーション能力は代表的な「ヒューマンスキル」ですが、十分なコミュニケーションを取るために相手へ好印象を与えるための工夫や仕草なども「ヒューマンスキル」に含まれます。

ビジネス関連の言葉としては、職場で円滑に仕事を進めるための人間関係構築に使う技術であり、現場のマネジメントをする人が指揮する能力も指す言葉です。

「ヒューマンスキル」は仕事を円滑にするためのスキルの一つとして、人間関係を構築するための能力を指しますが、「ヒューマンスキル」の向上には働くことで培われる経験より、私生活での経験が重要になります。

「ビジネススキル」とは?

「ビジネススキル」とは?

「ビジネススキル」とは働く上で様々な場面ごとに必要になる技術や能力を指します。

具体的な技術や能力は、どのような仕事をしているかによっても変わってくるので非常に多く、とても全て挙げきられるものではありません。

大まかに分類すると実務をこなすために必要になるスキル、そういった実務に必要なスキルを体系化し効率的に活かすためのスキル、人間関係を整え円滑な仕事を実現させるスキルなどがあります。

「ビジネススキル」には職場の人間と仲良くするための対人能力など、どんな職場でも必要になるような基本的な能力もありますが、それだけでなく家を建てるための技術、コンピュータープログラムを構築するための技術など、専門性の高いものも「ビジネススキル」の内です。

どんな形であれ、働く上で大なり小なり活用する必要がある能力は「ビジネススキル」と言えます。

「ヒューマンスキル」と「ビジネススキル」の違い

「ヒューマンスキル」と「ビジネススキル」の違い

「ヒューマンスキル」「ビジネススキル」の違いを、分かりやすく解説します。

「ヒューマンスキル」は仕事や生活を円滑にするために必要となる能力で、「ビジネススキル」は仕事をする上で必要になってくる能力のことです。

「ヒューマンスキル」は人間関係に関わる能力だけを指しますが、「ビジネススキル」は人間関係に関わる能力の他にも、実務に関わる能力も含まれます。

「ヒューマンスキル」「ビジネススキル」に含まれる能力の一部なので、「ヒューマンスキル」が下位概念、「ビジネススキル」が上位概念の関係性です。

また「ヒューマンスキル」は向上させるためには職場での経験はもちろんですが私生活での経験が重要になりがちなのに対し、「ビジネススキル」は私生活の経験より、ビジネスとしての経験や、そのための勉強で培われ向上していく能力のほうが多いです。

まとめ

まとめ

ビジネスに関わりがある能力はなんでも「ビジネススキル」で、その中でも仕事での人間関係に関するものが「ヒューマンスキル」と覚えておくと、乱暴な分け方ではありますが区別しやすくなります。

「ビジネススキル」は仕事以外の役に立たないものもありますが、「ヒューマンスキル」は私生活でも重要度が高いので、あって無駄になりません。