スポンサーリンク

「相続財産」と「財産目録」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「相続財産」と「財産目録」の違い金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「相続財産」「財産目録」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「相続財産」とは?

「相続財産」とは?

「相続財産」とは、亡くなった故人の方の財産を家族が引き継ぐことで、プラスの財産であれマイナスの財産であれを引き継ぎます。

なお、相続する側は、「相続財産」の相続を放棄することも可能です。

何故、相続を放棄するかは、例えば、相続するだけの相続税を払えないや、実はマイナスの資産が4000万円あることが分かっている場合、借金の4000万円を引き継ぐことを放棄する場合相続放棄を可能とします。

「財産目録」とは?

「財産目録」とは?

「財産目録」は、亡くなった故人の財産をまとめた表のことです。

例えば財産になる者が自動車だった場合、表に自動車を記載していくらになるかを記載して財産だとします。

そして、借金のようなマイナスの資産についても記載していきマイナスの資産についてもいくら持っているかを記載しているのがこの「財産目録」です。

「財産目録」を作る理由ですが、これは、資産を見て家族がどの財産を欲するかということを明確にできるが故表の制作をします。

「相続財産」と「財産目録」の違い

「相続財産」と「財産目録」の違い

「相続財産」「財産目録」の違いは、財産を相続するというお話だけとその財産を分かりやすく表にまとめてどの財産が欲しいという具合に分かりやすく財産の分与をする場合に使用する表であるかです。

「相続財産」の例文

「相続財産」の例文

・『亡くなった父の相続財産の贈与をすべて放棄した』
この例は、亡くなった父の財産の分与を放棄した例です。

何故放棄したかは、父親に実は借金がある場合放棄が可能で、相続税を払ってまでもらうべきものが無い場合も放棄が可能です。

「財産目録」の例文

「財産目録」の例文

・『父の残した財産目録を見て財産の相続を放棄する』
この例は、父親がすべて持っていた財産のことを記載した表を見て父親の財産の相続を放棄しています。

放棄した理由について考えられるのは、欲しい財産が無い、そもそも財産の中に借金があるじゃないかということが分かり、後いくらの借金を返済する必要があるかを考えた場合、放棄したほうが良いと考える場合もあります。

まとめ

まとめ

両者については、実は両方とも受け取りを断ることが可能で借金などの他、相続税を払うことが難しいなどのケースで相続をお断りができます。

特に、「財産目録」については借金の記載はかなり重要でここを記載してないと後から大揉めします。

なお、「相続財産」の放棄については、家族全員が放棄した場合どうなるの?という疑問がありますが、これは亡くなった方の兄弟の方に相続の権利が移行してその方もお断りして誰も相続しないという形にならないと国が相続しません。

ただ、注意してほしいのは、必ず誰かはおそらく個人の借金を負う必要があるという点です。

何故なら個人の借金の返済が滞ることで利害が出たと銀行が述べた場合これは家族全員に対して支払いを求めてきますので結局のところ国が借金を買い取ることはないということです。

よって様々な親戚に借金を肩代わりしろという催促が行くでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物