スポンサーリンク

「贈与」と「相続」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「贈与」と「相続」の違い金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「贈与」「相続」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「贈与」とは?

「贈与」とは?

「贈与」とは、他人に物品を贈り与えるという意味と、自分の財産を相手に与える意思表示をし、相手方が受諾することによって成立する契約という意味があります。

その際「贈与」によって財産を取得した個人には「贈与税」が課せられます。

つまり「贈与」されてすべてを貰えるわけではなく、そこから税金を払う必要があるわけです。

「私の趣味の道具はすべて教室に贈与します」「贈与税、払えるのだろうか」「贈与された本、大事に読みます」などと、使います。

「相続」とは?

「相続」とは?

「相続」とは、先代に代わり、家名などを受け継ぐという意味と、亡くなった人の配偶者、子などが財産、権利、義務などを受け継ぐことという意味があります。

日常的に使われる「相続」とは後者の意味を言うことが多いでしょう。

「相続」は他人ではなく親族がするものです。

お金、土地、宝石などを貰うといった意味合いにとらえられていますが、実は借金も「相続」しますので、必ずしも「相続」することがいいとは言えません。

「贈与」と「相続」の違い!

「贈与」と「相続」の違い!

「贈与」「相続」の違いを、分かりやすく解説します。

似た印象を受けるかもしれませんが、それぞれ別の意味を持つ言葉です。

混同しないように気をつけてください。

「贈与」「他人」に物品を贈り与えるといった意味になります。

法律としての「贈与」は、財産を与える、受諾するといった「契約」のことを言います。

「贈与」には二通りの意味があると覚えておくといいでしょう。

一方で「相続」ですが、これは先代から受け継ぐという意味になります。

法律用語としての「相続」は亡くなった人が持っていた財産、権利、義務を配偶者、子など「親族」に受け継ぐといった意味になります。

ですが借金しか残っていないといった場合は「相続」をしないという選択をすることもできます。

「相続」は絶対に貰わなくてならないということではありません。

貰う権利も、放棄する権利もどちらもあるのです。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「贈与」「相続」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解していただけたでしょうか。

似た印象を受けますが、混同しないように気をつけて使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物