スポンサーリンク

「大円筋」と「広背筋」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大円筋」と「広背筋」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「大円筋」「広背筋」の違いを分かりやすく説明していきます。

トレーニングの参考にしていきましょう。

スポンサーリンク

「大円筋」とは?

「大円筋」とは?

大円筋(だいえんきん)とは、肩関節にちかい場所にある筋肉のこと。

腕を曲げたり伸ばしたりするときに、大切な筋肉のひとつです。

この筋肉を整えるとインナーマッスルが鍛えられて、メリハリのある後ろ姿を手に入れやすくなります。

そもそも大円筋は、肩甲骨と二の腕のちょうど中間地点にあります。

背中と腕を結びつけるように、細長くつながっています。

日常生活ではあまり使われない筋肉なので、意識してトレーニングしてあげることが大切です。

大円筋に厚みが出ると、腕の曲げ伸ばしがスムーズにおこなえるほか、メリハリのある背中に整いやすくなります。

「広背筋」とは?

「広背筋」とは?

広背筋(こうはいきん)とは、背中にながく伸びた筋肉のこと。

脇の下から腰にかけて、斜めにつながっているパーツです。

とても大きな筋肉なので、体の動作をなめらかに整える働きがあります。

広背筋はデスクワークをしている方にとっては、あまり強化される機会の少ない筋肉です。

そのため積極的にエクササイズやストレッチを加えてあげると、筋肉の質が良くなって、疲れにくい体を手に入れられるようになります。

また広背筋を鍛えておくと、体の背面がどんどん引き締まっていきます。

メリハリのあるボディや、逆三角形の体を目指したいときにもおすすめです。

「大円筋」と「広背筋」の違い

「大円筋」と「広背筋」の違い

どちらもボディラインを整えるときに、必要な筋肉です。

「大円筋」「広背筋」の違いを、分かりやすく解説します。

・より大きいのは「広背筋」
「大円筋」「広背筋」はよく似ているので、間違えやすいです。

両者の大きな違いは、筋肉の大きさです。

大円筋は腕と脇の、中間くらいにあります。

ボディと腕をつなぎ留めている、とても小さな筋肉です。

肩甲骨にも関わっているので、腕を上げたり下げたり、肩をぐるぐる回す時にも良く使われています。

そのため大円筋を鍛えておくと、スムーズな腕の曲げ伸ばしができるようになります。

また「広背筋」は読んで字のごとく、広くて大きな筋肉をあらわします。

腕から背中、そして腰にかけて、とても大きなゾーンを占めています。

そのため肩甲骨とも密接に繋がりあっています。

体全身をつかった大きな動きに対しても、効果的な筋肉になっています。

背中のほぼ全域を覆っている筋肉なので広背筋を鍛えると、逆三角形のメリハリある体型が手に入りやすくなります。

まとめ

まとめ

「大円筋」「広背筋」の違いを分かりやすくお伝えしました。

大円筋は脇の下にある、小さな筋肉のこと。

細やかな動きをサポートする筋肉です。

そして広背筋は背中から腰にかけて伸びた、大きな筋肉です。

メリハリある体型を作りたい時にオススメの筋肉です。

「大円筋」「広背筋」はつながっているので、できれば両方とも鍛えておくことがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物