スポンサーリンク

「服用」と「摂取」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「服用」と「摂取」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「服用」「摂取」の違いを分かりやすく説明していきます。

似た雰囲気を持つ2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「服用」とは?

「服用」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「服用」「ふくよう」と読みます。

「服用」は、「薬を飲むこと」という意味があります。

例えば、食事と食事の間に飲む薬のことを、「食間に服用する薬」と言い表すことができます。

また、眠る前に、睡眠剤を飲まないと眠れない人がいるかもしれません。

このような場合は、「睡眠剤を服用しないと、眠れない人」という文章を作ることができます。

さらに、どの薬をどの程度の期間飲んでいるのかという歴史のことを、「服用歴(ふくようれき)」と言います。

「血圧の薬の服用歴は10年程度です」などという文章にできます。

他にも、薬をいつも飲んでいる患者さんのことを「服用患者(ふくようかんじゃ)」と呼びます。

このように、薬を飲むことを、一言で言い表したいときに、「服用」を使うことができます。

「摂取」とは?

「摂取」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「摂取」「せっしゅ」と読みます。

「摂取」は、「取り入れて自分のものにすること。

栄養などを体内に取り入れること」
という意味があります。

例えば、テレビを見て、新しい情報を自分の中に取り入れようとする場合、「テレビを見て、新情報を摂取する」などと表現できます。

また、夜眠る前にビタミン剤を体内に取り入れて、健康になろうとする場合、「ビタミン剤を寝る前に摂取して、健康な体を目指す」などという文章を作ることができます。

さらに、ダイエットをしている人は、どの程度のカロリーを体内に取り入れると太るのか、やせるのかが気になるでしょう。

このような様子は、「カロリー摂取量に気を付けて、ダイエットを成功させる」などという文章を作ることができます。

他にも、お酒を飲みすぎて、救急搬送される場面を「アルコールを摂取しすぎて、救急車で搬送される」などという文章にできます。

「服用」と「摂取」の違い

「服用」「摂取」の違いを、分かりやすく解説します。

「服用」は、「薬を飲むこと」という意味があります。

一方で「摂取」は、「取り入れて自分のものにすること。

栄養などを体内に取り入れること」
という意味があります。

どちらも、体内に取り入れることを示唆しますが、「服用」の場合は、「薬を飲むこと」だけを意味する言葉になります。

さらに大麻やコカインなどの薬物を取り入れる場合は「服用」ではなく、「摂取」を使うのが普通です。

このように、様々なものを取り入れる時、「摂取」という言葉を使い、中でも薬を取り入れる時は「服用」を使うという違いがあります。

まとめ

「服用」「摂取」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、明確な意味の違いがありました。

意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物